筋トレを毎日続けるのは間違い!?効果を実感できるトレーニング

たるんだ二の腕をはじめ、男性にとっても女性にとってもきれいな胸の維持、体幹も鍛えられ代謝も上がるトレーニングになります。   正しいフォームで行うと非常に効果を実感しやすいトレーニングではあるのですが、初心者にとってはなかなか難しいと感じる方も多いかもしれません。   その時は、まずプランクや膝をついた状態で腕立て伏せをしてあげることからはじめてみて下さいね。

トレーニングの組み合わせ方

ここでは、鍛える箇所を毎日変えることで、効率よくトレーニングを続けていく方法について詳しくお伝えさせていただきますね。   ポイントは、腕・下半身・腹筋というようにメインに鍛えたい部分を3つに分けて、ローテーションをしながら続けてあげることです   例えばこちら!  

月曜&木曜日は腕をメインにトレーニング

腕立て伏せ

手とつま先で体を支え、肘を曲げて体をゆっくり床につかないところまで下げます。その後体を元の位置に戻します   ポイントは、脇をしっかりと締めて、お尻をあげないことを意識してくださいね   10回×3セットを目安に!

サイドレイズ

足を肩幅に開きます。両手にダンベルを持ち、肘を肩の高さまであげます   ポイントは、腕を肩より上にあげないことです   10回×3セットを目安に!  

火曜&金曜日は下半身をメインにトレーニング

スクワット

足は肩幅より広めに開き、足先は少し外側に向けて立ちます。背筋を伸ばした状態で、床と太ももが平行になる程度まで膝を曲げます。その後、ゆっくり元の位置に戻ります   ポイントは、正面を向いて、息を吸いながら膝を曲げ、息を吐きながら膝を伸ばしていきます   10回×3セットを目安に!

レッグランジ

足は肩幅に開きます。片足を大きく1歩前に踏み出し、膝をゆっくりと曲げていきます。膝が直角に曲がったら一度停止して、元の位置にゆっくり戻ります   ポイントは、背筋を伸ばし、膝をつま先より前に出さないように注意しましょう   10×3セットを両足で行うのを目安に!  

水曜&土曜日は腹筋をメインにトレーニング

プランク

うつ伏せの状態で、体を腕(手から肘)とつま先だけで支えます  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

5 × 5 =