服が似合わない、と感じるのはどんなとき?

結婚式にお呼ばれしたときやイベントごとで、普段とは違う装いをすることが多いと思います。 いつもと違う服を着たときに「思ったよりも似合わない、もっと服が似合うようになりたい」と考えることはありませんか? 人は見慣れない服を着ると、似合わないように感じるものなのです。 つまり、服が似合っているかどうかは、見慣れているかどうか、なのです。 見慣れることで服が似合うと感じているだけなら、それは本当に似合うとは言えませんね。 服が似合うようになりたいあなたのために、本当に服が似合うようになる方法をまとめてみました。

“カラダに丁度良いサイズ”を見極める

まずは、服が似合うようになりたいと思うならば、体にちょうどいいサイズの服を着ることが必須です。

・私は太っているからぴちっとしたものを着て“細見え”めざしまーす!  

・痩せすぎてるから少し“だぼついたもの”を着れば似合うでしょう?  

私の友人にもこんな人がいますが、服が似合うようになりたいのならばまずは自分自身の“カラダに丁度良いサイズ”を見極めて服を購入することをオススメします。   さらに!服が似合うポイントはこれだけではありません。

理論的に自分に似合う服を探す

自分に似合う服を探すには、理論的に着こなす方法もあります。 理論的な似合う服の見つけ方を2つご紹介します。

1、パーソナルカラー

人間の肌や髪の色味を4つに分類し、当てはまる色で似合う色が決まります  

2、骨格診断

顔の大きさ、ウエストの位置など、骨格で似合う服の形を決めます  

この2つをあわせて組み合わせることで、自分に似合う服をみつけることができます。今まで思ってもいないようなコーディネートを発見することもあり、自分の幅を広げることにもつながります

服が似合うようになりたいならダイエットをしよう

自分に似合う服をみつけることができればファッションの悩みはだいたい解決できます。 しかし本当にそれで解決なのでしょうか。 似合っていれば理想のファッションなのか、違いますね。 本当に「服が似合う」というのは、スタイルをかっこよく着こなす。
おすすめの記事