内臓脂肪の落とし方!簡単に痩せるために今やるべきことはコレ

例えば、外食やコンビニ弁当などの偏った食事により、糖質や脂質量が多い食生活になったり、飲酒の機会が多くなったりすると内臓脂肪がつきやすい状態になっていますよ!   また、年を重ねると基礎代謝量が減ってしまい生命維持のための消費エネルギー量が減少。   それにくわえ、運動不足が続くと筋肉量が減り基礎代謝量がさらに減少するだけではなく、摂取カロリーが消費カロリーを上回り、内臓脂肪が増える原因になってしまいます。   内臓脂肪が増えると糖尿病や高血圧を引き起こし、動脈硬化が進行してしまうリスクが高まります。   生活習慣病などの病気にならないためにも、内臓脂肪を落としてあげることはとても大切です。

運動での内臓脂肪の落とし方

内臓脂肪の落とし方として最も効果的なのは「運動」です。   内臓脂肪は皮下脂肪に比べて燃焼されやすいので、短時間のトレーニングでも効果がでやすいですよ!

「有酸素運動」✕「筋トレ」で効率よく内臓脂肪を落とす方法

自宅で簡単に取り組みたいという方におすすめなのが「ラジオ体操」です!   ラジオ体操なら「有酸素運動」と「筋トレ」の要素が組み合わされているので、効率よく内臓脂肪を落とすのにぴったりな方法です。   脂肪を落とす方法として、まずは筋トレと思われる方も多いと思いますが、内臓脂肪を燃焼させるには、エネルギーをたくさん消費してくれる「有酸素運動」が欠かせません。   筋トレはあくまでも代謝をあげ、脂肪燃焼を助ける働きがあるため、「有酸素運動」✕「筋トレ」というように組み合わせてあげることが大切です。

有酸素運動なら

北海道 青汁
・ウォーキング   ・ジョギング   ・水泳   ・サイクリング   これらの有酸素運動を30分以上続けてあげる必要があり、そこに筋トレまで取り入れるとなると、毎日続けるのはなかなか大変ですよね。   ラジオ体操は、無理なく体を動かせ、体をほぐしながら全身の筋肉を使えるエクササイズとなっているので、誰でも取り入れやすくなっています。   ラジオ体操第一は、手足を伸ばす運動など柔軟性に優れたエクササイズになっているので、血行促進、肩こりや体の歪みの対策にも効果があります。   ラジオ体操第二は、筋肉を動かすエクササイズになっているので2つを組み合わせて行いましょう。   2つを合わせても6分21秒のエクササイズになっているので、毎日3セットから無理のない範囲で始めてあげると良いですよ。  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。