お腹周りの脂肪の落とし方

脂肪を燃やすのは、タンパク質を多く含んだ食べ物

・大豆 ・赤身のお肉 また、お酢はタンパク質を生み出す働きがあるので一緒に取るとより効果的にお腹周りの脂肪が落ちます。

飲むなら緑茶

飲み物では緑茶がおすすめです。 お茶に含まれるカテキンが、お腹周りの脂肪を燃えやすくしてくれます。 ただし紅茶など、茶色いお茶には含まれていないのでご注意ください。 他にも、食物繊維はお腹周りの脂肪をため込まない働きがあるので、多く摂取することを心がけましょう。 ・わかめなど海藻類 ・ごぼう ・きのこ類

摂取しないほうがいい食事

・アルコール飲料 ・チョコレートなど甘くて脂肪分の多いもの ・揚げ物 アルコール自体は悪いものではありませんが、ビール腹という言葉もあるように、お腹周りの脂肪が気になるときは飲みすぎは禁物です。 甘いものが欲しいときは、油が入っていない、お饅頭などの和菓子がおすすめです。

油の落とし方

油っぽい食事をとらないことも大事なので、食事の油を落とし方も覚えておきましょう。 ・お肉は脂身を落とす ・炒め物の際は油をひかずにテフロンのフライパンを使用する。 ・天ぷらよりも煮物にする。 油の落とし方を知ることで、体脂肪の落とし方にもつながっていきます。

食べ方

全体の食事量を減らすには、よく噛んで食べることも大事です。 食べ過ぎだと感じる方は、咀嚼回数を増やしてみましょう。食事量が減っても、満足感は変わらないはずです。 お腹周りの脂肪を落とすには食生活の改善はかなり有効です。

お腹周りの脂肪の落とし方3 生活習慣の見直し

人間は睡眠不足になると、食欲の高まるホルモン、グレリンが分泌されるようになります。 できるだけ7時間は睡眠をとりましょう。 ただし満腹状態での就寝は避けましょう。脂肪を分解する、コルチゾールというホルモンが分泌されにくくなります。寝ている間にお腹周りの脂肪が増加しかねないので、寝る3時間前は食事をしないように気を付けましょう。

まとめ

 お腹周りの脂肪は落ちにくい!そんなイメージがありましたが、正体がわかると意外と単純なものですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。