青汁畑と青汁A社を飲み比べ|青汁飲み比べ

青汁畑と青汁A社

青汁はマズイというイメージはすでに過去のものとなり、今や数々の青汁が世に送り出されています。その中で色んな青汁を飲み比べてみて、毎日飲み続ける青汁をどれか一つに決めるとしても、あらかじめ分かりやすい特色を持っているものでなければ、そもそも飲み比べる青汁に選ばれることすらありません。
そんな空前の青汁戦国時代の中で、しっかりと差別化を図り、青汁としての特別な色を持った青汁畑と青汁A社を飲み比べてみます。
厳選した成分により健康から美容へと繋げる鋭い攻め口を持った青汁畑。抜群の栄養バランスを誇り、健康面の守備範囲がとても広い青汁A社。ただ楽しく飲み比べるつもりが、つい脳内で対決の構図にしてしまうほどきっぱりと特色が分かれました。

飲み比べる前に

飲み比べに入る前に、まずは粉末を皿に開け、見た目から比べてみます。
粉末の色は青汁畑に比べて青汁A社の方が濃い緑をしていて、まるで緑茶の粉末のように見えます。一方の青汁畑も、青汁離れした黄緑色で、野菜と果物のグリーンスムージーのような色合いをしています。
水に溶かしてみると、青汁A社はもう市販の緑茶と完全に見分けがつかず、青汁畑と比べても鮮やかな緑色をしているため、色彩の上では青汁畑よりも青汁A社の方がより「飲欲」をそそられてしまいます。
しかし、大事なのはやはり味。飲み比べの前哨戦として皿に残った粉末を舐めてみると、緑茶のような風味の中にほんのり甘さが隠れている青汁A社の粉末に対して、青汁畑は、舐める、溶ける、即甘味、と粉末の時点ですでに主張の激しさが目立ちます。
飲み比べの前から火花を散らしてそれぞれの特色をぶつけ合う両者。次第に緊張が高まります。

飲み比べてみた

いよいよ実際に飲み比べてみます。
吸い込まれるように色彩対決の勝者である青汁A社を手に取り、緑茶にしか見えない青汁を一口。爽やかな口当たりで、なんだか舌でも鮮やかな緑色だと分かるんじゃないかと思うほどスッキリとした飲みごたえの青汁A社。半面、粉末の時に若干感じた甘さが出て来ず、2口目からは少し味気無さを覚えてしまいます。
というのも、一緒に飲み比べる青汁畑には、粉末の時に感じた甘味が変わらず残っていたからです。青汁A社と飲み比べると、青汁畑の方が口に入れた瞬間に若干青汁らしい野菜の風味が顔を出すものの、同じだけスッキリとした口当たりの後に独特の甘みが広がり、一口ずつ飲み比べるつもりが、ついつい続けて飲んでしまうほどです。
「ゴクゴク飲める」というのが青汁の新しい標語になりつつありますが、それで言うと、青汁A社は「飲みやすさ」でゴクゴク飲めて、青汁畑は「美味しさ」でゴクゴク飲めるという感じです。見た目に続いて、ここでも「色」が分かれました。

成分の色

見た目と飲み口に続き、青汁畑と青汁A社には成分でもそれぞれ特色が分かれます。
青汁A社は、主成分の大麦若葉の栄養素をアシストするかのようにバランス良く配合されていて、その栄養配分は、まるで野球の守りが12人になったような、健康に関してほとんど鉄壁の守備を誇ります。弱点があるとすればそれこそ飲み比べで感じた味の薄さ程度ですが、それだって飲み比べでようやく気付く程度のもの。弱点と呼べるようなものでもありません。
その飲み比べの相手である青汁畑は、同じく大麦若葉を中心にしたバランスの良さが特徴で、健康だけでなく肌の保湿やシミ予防など、美容にも効果が出るよう厳選した成分を持ちます。守備力の青汁A社に対し、青汁畑は左右両方のボックスにバッターが立っているかのような、攻めのバランス成分量を誇る青汁といえます。
「青汁はマズい・苦い」と同様に、「青汁はどれも似たようなもの」というのも、とっくに古いものとなっていたのだと、改めて思い知らされます。

毎日続けるなら…

数ある青汁の中から、自分に合うものを飲み比べ、これなら毎日続けられるという判断の基準は人それぞれ違います。しかし、その中で決して揺るがないものが、「美味しさ」です。
あくまで青汁畑と青汁A社を飲み比べてみた感想ですが、青汁A社を毎日続けようと思うと、味を補うためにミルクなどの助っ人が必要になるかもしれません。青汁A社の飲みやすさはピカイチですが、やはり飲みやすさと味は別物。苦くなく、スッキリとした口当たりだけではなく、野菜なら野菜、甘いなら甘いというように、青汁にもハッキリとした味が欲しいなと、両製品の飲み比べで感じました。
一方で、青汁らしからぬ甘さを持つ青汁畑なら、「今日もアレンジなしでこのまま飲もうかな」と気軽に続けられます。もちろんアレンジするのも楽しいですが、毎日の献立を考えるのが面倒なのと同じく、できることなら青汁をどうアレンジするかも考えたくありません。なにより、毎日アレンジを加えていたら、カロリーもお金もかさんでしまいます。
味のためだけの甘さではなく、青汁畑のような成分と両立した甘さこそが、続けてもらえる美味しさなのだと思います。
北海道の飲みやすい青汁 北海道の飲みやすい青汁 飲みやすい青汁
おすすめの記事