青汁畑プラス納豆|青汁畑で健康生活

納豆:健康生活への近道として定着した栄養食品

納豆は最近のブームに乗り、健康生活のための立役者としてすっかり定着しました。これほど納豆が支持される理由は、味や手軽さ、料理への利用しやすさだけではなく、栄養機能が豊かであるためでもあります。その中で特に有名なのは以下の3つ。
① 腸内環境の改善作用
② 吸収しやすいカルシウム
③ 血管を詰まりにくくする効果
納豆は食物繊維が豊富であり、腸の運動を活発化させるとともに、善玉菌を増やします。また納豆には、豊富に含まれるカルシウムの吸収を、粘り気の元であるポリグルタミン酸が助け、大豆製品に多く含まれているイソフラボンが骨への取り込みを促すという、機能の連携があります。納豆に多いビタミンKも骨を丈夫にします。
さらに、納豆に含まれるナットウキナーゼが血管を詰まりにくくし、これと同時に、脂質の一種であるレシチンが体中の細胞から余分なコレステロールを回収することで、血液の循環がスムーズになります。
このように納豆は多機能な食品ですが、健康生活を送るための手段として毎日の食事の中に定着した理由は、お通じが良くなるといった実感を得られるためではないでしょうか。

青汁畑プラス納豆の相乗効果

青汁畑の栄養成分の豊富さは、多くの青汁製品の中でも群を抜いています。そのため、青汁畑を毎日の習慣にすれば、どの栄養成分が不足しても、もらさず補うことができます。また、栄養の偏った食事が数日続いても、体調を崩しにくくなります。つまり、青汁畑を毎日続けることで、食の楽しみをあきらめずに、健康生活を手に入れることができるのです。その効果を最大限生かすためにも、毎日欠かさず飲み続けたいものです。
とは言うものの、青汁畑を納豆のように毎日の食事に取り入れようと思うと、どうしてもある種の面倒くささが先に立ちます。やはり続けるためには、なにか強い動機が欲しい所です。そこで、例えば青汁畑を飲むことで、納豆の効果がより強められるとか、あるいは納豆に足りないものが補われる、という情報があればどうでしょうか。健康生活の立役者として、納豆の効果は日々実感するところですが、その効果を青汁畑が強化すると分かれば、結果を想像しやすい分、習慣化のモチベーションは上がる気がします。そこで青汁畑の栄養成分を元に、青汁プラス納豆としての相乗効果を考えてみました。結論から言うと、青汁畑は納豆の持つ上記の3つの機能のいずれにも、十分なサポートを与えます。つまり、二つの栄養食品の効果が合わさることで、健康生活に続くより確かな道が開けるのです。

青汁畑プラス納豆で健康生活:腸内環境の改善の増強

まず①の腸内環境の改善についてです。
これは納豆を食べることで最も実感できる健康生活への効果です。この効果を青汁畑がさらに強化するのであれば、結果がどうなるかはイメージしやすいと思います。食物繊維は青汁畑の主要な栄養成分の一つであり、増強効果は確実です。
加えて、青汁畑に加えられているキシロオリゴ糖は、善玉菌を特に増やす効果が大きいので、納豆だけの食事よりも青汁畑を加えたほうが、より健康生活を実感できそうです。たとえばそれは、お通じの状態がさらに良くなり、便の量が増えるという状況です。便の量が増えるのは、腸内で善玉菌が増えているという証拠です。
さらに、このような効果に伴い、ストレス感の軽減や、肌荒れの改善など、便秘に伴うトラブルが総じて軽減されることが期待されます。

青汁畑プラス納豆で健康生活:カルシウム利用効果の増強

次に②のカルシウム利用効果の増強についてです。
青汁畑にもカルシウムは含まれており、納豆の機能の増強にもちろん貢献するのですが、それよりも注目したいのは、青汁畑に含まれているビタミンKの存在です。ビタミンKには骨を丈夫にする効果があります。納豆にも含まれていますが、いくら健康生活のためとはいえ、ビタミンK摂取量を増やすために納豆の量を増やすのはあまり気が進みません。
しかし、青汁畑をプラスして飲むならば、摂取カロリーを抑えられ、納豆にはないビタミンやポリフェノールも取ることができます。
健康生活に更に近づける、そんな気持ちが湧いてきて、習慣化に積極的になれそうです。

青汁畑プラス納豆で健康生活:血管を詰まりにくくする効果の増強

最後に③の血管を詰まりにくくする効果の増強についてです。
青汁畑に豊富に含まれる抗酸化物質がサポートします。例えばビタミンCやE、βカロテン、それからポリフェノールがこれに当たりますが、これらは血管を保護するとともに、血液中の脂質の酸化も抑えることで、血液循環を改善する作用があります。血管の詰まりとはすなわち、脳溢血や心筋梗塞です。私たちが長く健康生活を続けるためには、まずは血管から健康生活を始めなければいけませんね。

青汁畑プラス納豆で健康生活:栄養成分が充足される

青汁畑は、納豆に不足している栄養成分をカバーします。例えば、様々なビタミン、特にビタミンAやC、E、B群の一部は、納豆からは十分摂取できません。これらは代謝を活性化させ、細胞の入れ替わりをスムーズにさせる機能をもっており、健康生活の基礎になる栄養成分です。
また、同じく代謝を支える物質であるコエンザイムQ10や、皮膚を丈夫にするヒアルロン酸、軟骨の維持に必要なコンドロイチンなど、健康生活を総合的に支える栄養成分がそろっています。納豆にプラスして青汁畑を毎日飲むことで、次第に健康体質となり、その結果、納豆の効果も強化されることでしょう。

まとめ:青汁プラス納豆で健康生活の充実感を

このように、毎日納豆を食べている人には、青汁畑は食習慣として付け加える価値があるものです。青汁畑は納豆の機能を強化するとともに、納豆にはない栄養成分も含んでいるため、二つを毎日摂ることで、健康生活の充実感をはっきりと実感できるはずです。このことは、青汁畑を新しい習慣とするための、強いモチベーションになるのではないでしょうか。
最後に、二つを摂る順番についてお話します。青汁畑はクロロフィル(葉緑素)およびお茶の成分であるフラボノイドを含んでいますが、その作用の一つは「消臭」です。もうお分かりでしょう。においが気になるため、納豆を食べるのを控える人もいますが、青汁畑を食後に飲むことで、口の中のにおいや、胃から上がってくる納豆のにおいを抑えることができます。青汁畑は様々な栄養成分を持った食品ですが、もしかするとこの消臭効果が、納豆派の人には、一番喜ばれるかもしれませんね。青汁プラス納豆で心身ともに健康生活になりましょう!
北海道の飲みやすい青汁 北海道の飲みやすい青汁 飲みやすい青汁
おすすめの記事