青汁畑 4種の野菜成分

青汁畑 4種の野菜成分

飲みやすい青汁の4種の野菜成分とは?

飲みやすい青汁なら飲んでみたい!苦くて我慢して飲むのは嫌という方に今熱い注目を浴びているのが飲みやすくて品質の良い青汁と評判の当社が自信を持って開発した青汁畑です。4つの栄養満点の野菜成分である大麦若葉明日葉キダチアロエゴマ若葉に美容成分であるヒアルロン酸コエンザイムQ10ビタミンCを配合。さらに膝などの関節の痛みを和らげるグルコサミンを配合しています。
飲みやすい青汁のお味の決め手の主成分である大麦若葉はイネ科の植物で亜鉛、鉄、カルシウム、マグネシウム、食物繊維、βカロティンなど優れた栄養効果抜群のまさに万能野菜。ケールの様な青臭さや苦みが無く、緑茶のような風味を持っています。

大麦若葉の恵みたっぷり

当社の飲みやすい青汁の青汁畑の大麦若葉は有機JAS取得の島根県産の完全自然由来のものだけを使用。安心・安全面にも優れています。明日葉・キダチアロエ・ゴマ若葉も品質を重視した栄養抜群の野菜成分。青汁畑はこの野菜成分と美容・運動成分を黄金のバランスで配合し、まろやかな美味しさと飲みやすさが嬉しい青汁に仕上がっています。大麦若葉の風味の他にさらに美味しさをアップする抹茶緑茶も配合。
飲みやすい青汁ということで喉ごしにもこだわり、粉っぽさもありません。大麦若葉をはじめ様々な効果が期待できる栄養成分がたっぷりの飲みやすい青汁畑を是非1度お試しください。

大麦若葉のおかげ?常識外れの飲みやすい青汁

青汁の常識は決して良いイメージではありません。「身体によいけど苦くてまずい緑色の飲物」というのが定着しており、ほんの少し前まではバラエティーの罰ゲームなどにも良く取り上げられていました。しかし、大麦若葉や明日葉、キダチアロエやゴマ若葉と健康効果抜群の野菜成分が入った青汁畑ならもう不味い!苦い!と眉間にしわを寄せて飲む必要はありません。
むしろ”飲みやすい青汁”なので飲むのが楽しみになるという方も多く、ワクワク・ルンルン笑顔で青汁タイムを過ごすことが出来ます。大麦若葉その他の3つの健康効果抜群の野菜成分は普段食べている食卓に並ぶ野菜とは違いますが、食卓に並ぶ野菜の栄養成分を充分に摂取することが出来る葉野菜たちです。飲みやすい青汁の青汁畑は黄金バランスで4つの葉野菜成分が配合されています。美味しい・飲みやすい・栄養豊かで高品質。飲んでみれば身体によいけど不味くて苦い飲物から、身体にも良くて美容と運動効果もある美味しくて飲みやすい青汁というイメージに変わります。大麦若葉をはじめとした葉野菜たちの凄さを飲みやすい青汁で体感しましょう。

ダイエット効果期待の明日葉

突然ですが、セルライトってご存知ですか?多くの成人女性にはセルライトがあるといわれますが、自覚のない方もいらっしゃるかもしれません。セルライトとは、脂肪が部分的に蓄積して肌がボコボコしている状態です。よくオレンジの皮に例えられます。実は、そのボコボコ、脂肪老廃物で構成されているとってもイヤな存在なのです。よくテレビなどで、太りすぎた欧米人の腕や脚がボコボコしているのを見たことありませんか?あれがセルライト
です。
さすがに、日本人で欧米レベルの肥満体は滅多に見かけません。しかし、小さなセルライトで悩んでいる女性は意外と多いのです。セルライトはたちが悪く、一度できてしまうとなかなか落ちません。ダイエットしても、セルライトだけは残ってしまうのです。しかも、むくみや冷え性の原因になる可能性もあります。
これを解決するのが、飲みやすい青汁である青汁畑です。青汁畑は飲みやすい青汁ですが、しっかり明日葉も入っています。明日葉は、セルライトを解消する効果が期待できます。明日葉は栄養価がとても高く、効率的に必要な栄養素を摂取できます。セルライト分解効果ダイエット効果を得たいなら、飲みやすい青汁を飲みましょう。

飲みやすい青汁の成分、明日葉で得られる栄養効果

飲みやすい青汁に配合されている明日葉の特筆すべき栄養素は、なんといってもカルコンとβカロテンです。明日葉には、カルコンと呼ばれる栄養素が含まれています。カルコンはポリフェノールの1つで、血液やリンパの流れをスムーズにしてくれます。血液やリンパが滑らかに流れると、セルライトが落ちていきます。セルライトは脂肪と老廃物が固まったものですから、血液とリンパ液の流れをスムーズにすることが解決策です。カルコンには老化や肌のシワの予防ともいわれる抗酸化作用もあります。抗酸化作用は、活性酸素が細胞を酸化するのを防ぎます。もし、細胞が酸化すると、しみやしわ、白髪などの老化現象が現れてきます。
また、飲みやすい青汁である青汁畑の明日葉にはβカロテンという物質も含まれています。βカロテンはカロテノイドの1つで、肌や目の健康に欠かせない栄養素です。βカロテンにも抗酸化作用がありますから、老化予防効果、美肌効果が期待できます。

βカロテンで美肌効果期待

βカロテンとは、美肌効果が期待でき、目の健康に役立つ栄養素です。皮膚を健康に美しく保ったり、目の粘膜の維持する効果があるといわれます。
βカロテンは体内でそのまま機能するわけではありません。ビタミンAに変換されることで機能します。最終的にビタミンAに変換され、ビタミンAと同じ機能をもつ栄養素は他にもあります。そのような栄養素はプロビタミンAといいます。βカロテンは最も効率よくプロビタミンAに変換されます。実は、摂取したβカロテン全てがすぐにビタミンAに変換されるわけではありません。ビタミンAが不足した時だけ変換されます。そして血液に乗って皮膚や目に送られます。必要な分だけビタミンAに置きかわり、残りのβカロテンは肝臓に蓄えられます。必要以上にあれば、尿として体外へ放出されます

もし、βカロテンが体内で不足したらどうなるのか

βカロテンは体内でビタミンAに換わりますから、ビタミンAが不足するのと同じ状態になります。ビタミンAは肌を美しく健康に保ったり、目の粘膜を作ります。ですから、それと正反対の状態になってしまいます。肌が荒れたり、角膜に異常が現れてしまいます。また、ビタミンAには抗酸化作用もあります。抗酸化作用とは、活性酸素が細胞が酸化するのを防ぐ作用です。なので、ビタミンAを作る材料であるβカロテンが少ないと老化現象や免疫力低下の原因になってしまうというわけです。
ですから、βカロテンが豊富な明日葉が必要なのです。明日葉が入った飲みやすい青汁である青汁畑を飲めば、それらを予防できます。

影に隠れた存在、ゴマ若葉の力がスゴイ

影に隠れる形で飲みやすい青汁を支えていならが、なぜか青汁の4大原料と呼ばれない成分がゴマ若葉です。
ゴマといえばパンやお菓子に用いられたり、様々な料理の薬味に使われたりと、縁の下の力持ちというイメージですから、青汁の効果でもそう思われても仕方ないかもしれませんが、実は飲みやすい青汁にとってゴマ若葉はむしろ主力成分なのです。ゴマというだけあって味や風味は言わずもがなですが、大麦若葉を越える豊富な栄養を持ち合わせています。そのうち青汁4大原料、いえ飲みやすい青汁の必須原料と呼ばれるようになるであろうゴマ若葉についてご紹介していきます。

ゴマ若葉ってどんな食べ物?

そもそも飲みやすい青汁につかわれているゴマ若葉がどんな食べ物なのか想像しづらいかもしれませんが、みなさんご存知のあのゴマです。ゴマの実がなる前のゴマの若葉を摘んだもので、シソの葉によく似て、先がギザギザした3枚の葉を持つゴマ若葉は、馴染み深いゴマの実よりも手に入りづらく、日本人の食文化からはちょっと縁遠い食べ物です。その点は大麦若葉や明日葉と同じですね。
シソと似ている葉っぱが入っているのに飲みやすい青汁になるのかと疑問を持たれるかもしれませんが、青汁畑のような飲みやすい青汁に欠かせない風味を生む効果を手伝っているのがゴマ若葉なのです。それも、ゴマは薬味の一つであって栄養効果それほどは高くないのでは? というイメージが大きく変わるほどのポテンシャルを秘めています。次はいよいよ、そんな意外な優秀さをもち合わせたゴマ若葉の成分と効果に迫っていきましょう。

ゴマ若葉に含まれる代表成分・ポリフェノール

ゴマ若葉は飲みやすい青汁の主成分に選ばれるだけあって、栄養効果の高さは折り紙付きです。ゴマといえばセサミン。ゴマ若葉の成分はそのセサミンを含めた豊富なポリフェノールが特徴です。ブルーベリーやチョコレートなどにも含まれている抗酸化作用のあるポリフェノールは、飲みやすい青汁・青汁畑の代表的な効果である「美容効果」に深く関わっています。
豊富なポリフェノールが老化現象を引き起こす活性酸素をはじめとする体内の有害物質を片っ端から取り除いていき、綺麗になったところにビタミンCやヒアルロン酸などの美容成分浸透していくという見事な連携が、飲みやすい青汁がもたらす美容効果の構造なのです。つまり、青汁畑の美容効果はゴマ若葉がないと半減してしまうということです。多くの植物に含まれているポリフェノールですが、普段の食事で摂取できる量は少なく、飲みやすい青汁以外でその効果にあやかることが難しい栄養素でもあります。水に溶けやすく、早く効いて早くなくなるという性質のため、毎日続けて摂ることで効果を持続的に発揮するという点では、飲みやすい青汁にぴったりマッチしている栄養素だといえます。

葉酸

飲みやすい青汁に不可欠な成分であるゴマ若葉には、高いアンチエイジング効果もありますが、その効果を担っているのが葉酸です。エネルギー生産や細胞の活性化などの効果があるビタミンB群の一種で、いかにも優れた健康効果を持っていそうな「葉酸」という名前の通り、血液をサラサラにする効果があります。この葉酸、ゴマ若葉だけでなく様々な食べ物に含まれていますが、食べ物から摂ろうと思ったら、レバーやパセリ、北海道の名産であるブロッコリーやアスパラガスなど、ちょっぴりクセのある食べ物が多く、日々の食事で多く摂取するにはちょっぴりハードルが高めです。
その点、ゴマ若葉を使った飲みやすい青汁である青汁畑を30日間毎日1杯ずつ飲み続ければ、毎日簡単に葉酸を摂取でき、30包飲み切る頃にはバナナ約5本分もの葉酸を青汁畑から得ていることになります。毎日バナナを一本食べるよりも、飲みやすい青汁で葉酸の栄養を毎日少しずつ補給できた方が簡単で良いですよね。

ゴマ若葉の健康成分

ポリフェノールや葉酸の他にも、ゴマ若葉が飲みやすい青汁に貢献している栄養や効果はまだあります。美容効果も良いですが、一番欲しいのはやっぱり健康効果ですよね。ゴマ若葉には体の抵抗力を高め、むくみ防止、利尿作用や高血圧の予防など、多くの効果があります。その効果の源が、カリウム、カルシウム、βカロテンの3つの栄養素です。これらは大麦若葉にも含まれていますが、実はゴマ若葉のほうが多く含んでいるのです。
中でも食べ物からは吸収しづらいβカロテンは、単体で摂るより他の栄養と一緒に摂取することで効果を発揮する栄養素ですから、多種多様な栄養が含まれている飲みやすい青汁にこそ相応しい栄養です。そんな栄養素を青汁に供給しているのですから、まさに栄養の総合力なら青汁最強の成分との呼び声の高い大麦若葉にだって勝る、ゴマ若葉の面目躍如。これだけの効果があることが分かれば、冒頭で将来的に飲みやすい青汁の3大原料と呼ばれる可能性があると言ったのもうなづけるかと思います。

医者いらずの植物、キダチアロエ

青汁の中にキダチアロエが入っているなんて珍しい!と思った方は多いはず。キダチアロエは家庭で育てている方は多く、医者いらずの植物として様々な美容と健康効果があることで有名ですが、育てていても苦みがきついのでやけどや傷口に塗ることはあってもアロエそのものの果肉を食べる方はあまりいません。キダチアロエは身体に良くても苦いから青汁畑も苦いのでは?と思わず顔をしかめてしまう方も、飲みやすい青汁の青汁畑ならまろやかな美味しい青汁となっているのでキダチアロエの苦みを気にせず、アロエの持つ効果を効率よく摂取することが出来ます。

飲みやすい青汁の成分、キダチアロエの効果効能とは?

飲みやすい青汁畑に含まれる葉野菜4種の中で青汁では珍しいとされるキダチアロエには優れた健康効果・美容効果が期待できます。飲みやすい青汁畑に含まれるキダチアロエの健康効果はアロインによる胃を健康にし、腸の働きを良くする効果、アロエチンによる抗菌・抗カビ作用、アロエウルシンによるやけどや傷などの皮膚の修復作用・アルボランやアルカロイドによる血圧改善効果・アロイン・アロエウルシンによる口内炎の消炎効果・アロミチンによるがん予防効果などが挙げられます。
また、キダチアロエによる美容効果はアロエシン・ムコ多糖類による美肌効果・アロインによる育毛効果・食物繊維による便秘解消とダイエット効果・サポニンやムコ多糖類による体脂肪減少効果などが挙げられます。飲みやすい青汁畑を1日1杯飲むだけで苦みを感じることなく、スムーズにアロエの優れた成分、そしてその他3種類の葉野菜の栄養・3種類の美容成分・運動成分すべてを摂取することが出来ます。水に溶かした青汁畑100㏄を毎日継続することはどれだけ価値のある事なのかが自分自身で継続することにより実感できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。