青汁と野菜ジュースはどっちがいいのか

青汁と野菜ジュース、健康飲料として飲むならばどっちがいいのか

健康意識の高い人なら、スーパーへ足を運んだときに何かしらの健康食品をカゴの中へ入れるものですよね。野菜や果物に含まれる栄養素を効率的に取りたいと考える人は、青汁か野菜ジュースが頭に思い浮かぶのかと思います。一体、どっちがいいのか?と買い物カゴを片手に考え込んだ経験があるのではないでしょうか。両者とも、栄養素を手軽に摂取できると宣伝される健康飲料です。青汁は昔、バラエティ番組で罰ゲームとして利用されたりしましたが、今はそんなこともなくなりました。企業努力でかなり美味しく、飲みやすくなったからです。野菜ジュースも近年、とても美味しくなりました。文字通り、ジュースそのものです。
しかし、栄養の観点ではどちらが健康飲料として優れているのでしょうか。今回は青汁と野菜ジュース、どっちがいいのか比較してみたいと思います。

青汁を飲むメリット

青汁のメリットは、主に2つあります。
まずは、青汁と野菜ジュースはどっちがいいのか時間の視点から考えてみましょう。時間に余裕がなくても、青汁を飲めば効率的に栄養素を摂取できます。例えば、独身で一人暮らしをしている社会人は、自炊をするのが難しいです。仕事へ行く前や帰ってきた後にメニューを考え、スーパーへ買い出しにいき、食材を調理し、洗い物をする。このプロセスを仕事と両立するのは、容易ではありません。粉末タイプの青汁であれば、牛乳などに混ぜて1杯飲めばいいだけです。必要な栄養素を一瞬で摂取できるというのが、青汁の最大のメリットです。しかも、非加熱処理の青汁であればビタミンやミネラルを適切に摂取できます。野菜ジュースは、加熱処理されているのでビタミンやミネラルが壊れている可能性が高いです。しかし、加熱されていない青汁であれば、野菜ジュースとは違い、ビタミンやミネラルを適切に摂取できます。
次に、青汁と野菜ジュースはどっちがいいのか調理のしやすさから考えてみます。青汁の調理方法は多彩であり、楽しみ方のバリエーションが幅広いです。青汁のタイプは様々なのですが、一番摂取しやすいのは粉末タイプです。粉末なので、牛乳で割ったり、アイスにかけたり、ヨーグルトに混ぜたり、調理のバラエティが豊富です。野菜ジュースはそこまで食のアレンジができません。青汁は、肌触り、食感などはきな粉に似ています。抹茶ときな粉を足して2で割ったような味です。昨今の粉末タイプの青汁は、企業努力によって非常に飲みやすく作られています。
調理のしやすさから青汁と野菜ジュースはどっちがいいのかを考えると、青汁に軍配が上がります。

青汁を飲むデメリット

青汁のデメリットは2つあります。
まず、青汁と野菜ジュースはどっちがいいのかをお腹の調子から考えてみます。青汁を飲みすぎると下痢をしやすくなります。青汁には食物繊維が野菜ジュースよりも豊富に含まれています。食物繊維には腸を活発にし、排便しやすくする作用があります。そのため、摂取しぎるとお腹が緩くなってしまうのです。野菜ジュースは、加工プロセスで裏ごしされているため、食物繊維はあまり含まれていない場合が多いです。そのため、野菜ジュースのほうが青汁に比べ、下痢を誘発しません。
次に、青汁と野菜ジュースはどっちがいいのかを効果が現れるまでの時間から考えてみます。青汁には即効性がありません。青汁には、美肌づくり、老化予防、ダイエット、便秘解消など多くのメリットがあります。ただし、飲み始めてすぐに効果を実感することはないと思います。効果が現れ始めるまでの目安は、細胞の周期から考えて1~3ヶ月程度といわれています。例えば、美肌効果を期待しているのであれば、1ヶ月は飲み続けてください。肌の細胞は約1ヶ月単位で新しく置き換わるからです。一方、野菜ジュースはそもそも栄養素が壊れているため、効果が期待できません。青汁と野菜ジュースはどっちがいいのかを効果が現れるまでの時間から考えると、前者の方が上です。

野菜ジュースを飲むメリット

野菜ジュースのメリットは2つあります。
まず、調理の手間をかけないためには青汁と野菜ジュースはどっちがいいのか考えてみます。野菜ジュースには、調理プロセスがありません。野菜ジュースをスーパーなどで買ってきて、キャップを開けてそのまま飲めばいいだけです。食品として完成していて、そのまま飲めるという手軽さが最大のメリットでしょう。粉末タイプの青汁も相当、利便性は高いです。しかし、毎回青汁を小袋から開封して、牛乳などに混ぜないといけないという手間はあります。今回のように「飲む手間」という観点では、野菜ジュースのほうがすぐれています。
次に、青汁と野菜ジュースはどっちがいいのかを飲みやすさから考えてみます。野菜ジュースは、とても飲みやすく作られています。もちろん、飲みやすさ、美味しさを感じるかどうかは人によります。しかし、世の中には特定の野菜の食感や味をどうしても好きになれない人もいます。野菜嫌いの人が野菜を食べなければいけない時は、野菜ジュースを飲んで対処する人々も一定数います。一方、青汁も前述のように工夫しておいしく飲めます。青汁と野菜ジュースはどっちがいいのかを飲みやすさから比較すると、五分五分だといえます。

野菜ジュースのデメリット

野菜ジュースのデメリットは2つあります。
まず、青汁と野菜ジュースはどっちがいいのかを栄養価摂取の効率から考えてみます。野菜ジュースは、加熱殺菌によりビタミンやミネラルなどの栄養価が壊れています。そのため、栄養価を摂取しづらいです。確かに、パッケージの栄養成分を見ると栄養素は含有されています。しかし、その栄養素から栄養価をとることは難しい場合があります。というのも、野菜や果物に含まれるビタミンやミネラルなどは加熱調理すると壊れてしまうからです。野菜ジュースは加熱殺菌されているため、そこから栄養価を得ることは難しいのです。また、加工プロセスで裏ごしされる場合もあるので、食物繊維があまり含有されていない可能性もあります。ただし、野菜ジュースといっても多種多様です。生の状態であったり、フリーズドライされている食品であれば加熱されていません。そのため、ビタミンやミネラル、消化酵素等は傷つきませんので、きちんと栄養価を摂取できます。
次に、おいしく調理するには青汁と野菜ジュースはどっちがいいのか考えてみます。野菜ジュースはすでに食品として出来上がっているので、調理パターンが少ないのが難点です。粉末タイプの青汁であれば、まだ食べ物として未完成ですから牛乳に混ぜたり、アイスにかけたりと創造性を発揮できます。しかし、野菜ジュースではそこまで調理法にパターンがありません。野菜ジュースのメリットとして、完成した食品である点をあげましたが、これはデメリットでもあります。創意工夫して調理する方法が乏しいからです。食品として未完成の青汁とは異なるのです。青汁と野菜ジュースはどっちがいいのかを調理の仕方の種類から考えると、青汁の方が優れているといえます。

健康を気にするなら、野菜ジュースよりも青汁の方が効果的

青汁と野菜ジュースはどっちがいいのか。結論すると、ビタミンやミネラルなどの栄養素を効果的にとりたいのであれば、青汁の方が適しているといえます。
まず、青汁と野菜ジュースはどっちがいいのかを栄養成分摂取の効率という観点から述べます。加工プロセスで加熱されていない青汁であれば、ビタミンやミネラルを壊さずにそのまま摂取できます。しかし、野菜ジュースの場合はビタミンやミネラルなどの栄養素そのものは含まれていても、栄養価を摂取するのが難しいのです。やはり加熱処理されているため、栄養素が壊れてしまっているということです。
次に、楽しく継続するには青汁と野菜ジュースはどっちがいいのかという点について述べます。粉末タイプの青汁であれば、牛乳に混ぜたり、アイスにかけたりなど調理方法が豊富にあります。自分好みの美味しい食べ方、飲み方を選択できるのです。味や食べ方を毎回、変えられるので飽きにくく、継続しやすいというのもメリットです。一方、野菜ジュースはもう飲料として出来上がっています。それ以上アレンジして飲んだり、食べたりするのが困難です。他の飲料や食べ物と混ぜても、あまり美味しくはありません。
このように、青汁の方が効果的に栄養素を摂取することができ、しかもおいしく調理することもできます。青汁と野菜ジュースはどっちがいいのかを比べてみたとすると、青汁の方が栄養と飲み方で勝っているといえます。
北海道の飲みやすい青汁 北海道の飲みやすい青汁 飲みやすい青汁
おすすめの記事