青汁 栄養 効果

栄養豊富でヘルシーな青汁

青汁は、野菜の中でも特に健康に良い栄養素をたっぷり含んだものが使われています。
それは、日常に食べる味の良い野菜では賄いきれない良質な栄養素です。つまり、青汁は、健康のために食べなくてはならない野菜の栄養を濃縮させたものです。野菜に含まれる栄養素は、身体の調子を整える効果、肌や粘膜を健康に保つ効果、アンチエイジング効果、骨の生成を助ける効果、毒素を排出させる効果など様々な効能を持ち、健康に有用なものばかりで生命活動に欠かせません。
青汁畑は栄養素を重視して選んだ野菜を、消化吸収の良い粉末状にしたものなので、健康に対する多くの効果が期待できます。

野菜の3大栄養素、ビタミン、ミネラル、食物繊維の働き

わたしたちの身体が必要としている野菜の3大栄養素は、ビタミン、ミネラル、食物繊維ですが、これらは体内で生成することができず、口から摂取するしかありません。青汁には、この3大栄養素が豊富に含まれています。

必要摂取量は少量ですが、身体を正常に機能させるためには必要不可欠な有機化合物です。
ミネラル
身体の4%を構成している無機質の元素です。こちらも必要な量は微量ながら健康に多大な影響を与えます。体液量、身体のphの調整、筋肉や神経の働き、代謝の働きなどに深くかかわっています。
食物繊維
消化器官で消化することのできない栄養素で、腸の働きを整える効果を持ち、様々な腸疾患、代謝性疾患にも予防効果があります。免疫機能が集中する腸の働きを整えることは、健康長寿を支えるために必要不可欠です。
ビタミン、ミネラル、食物繊維の補給源である野菜の摂取不足がもたらす影響は、便秘、肌の不調、免疫力の低下、精神的な不安定、老化、生活習慣病、がんなど多岐に渡ります。
しかし日本人の食生活は欧米化し、生鮮野菜の消費量は目標量の8割程度にとどまっており、なかでも20代から40代では、7割弱しか摂取できていません。
青汁はこのような栄養不足を解消するひとつの効果的な方法です。
ビタミン、ミネラル、食物繊維を多く含んだ青汁を飲むことで多くの人々に健康になってもらうことが、飲みやすい青汁畑を開発した弊社の願いです。

抗酸化物質で細胞を健康に

青汁には野菜の多種多様な栄養が吸収しやすい形で入っていて、大きな病気のリスクを減らす効果がありますが、その重要な栄養素のひとつが、抗酸化物質です。
酸素は生きていくために最も必要な元素のひとつで、呼吸をする度に生体に大きなエネルギーを生み出す一方、細胞膜やタンパク質を変質させ、DNAまで傷つける有害な活性酸素を生み出してしまいます。呼吸の他にも、ストレスや紫外線、喫煙、飲酒、食品添加物、激しい運動など様々な要因で活性酸素が発生します。体内で過剰になった活性酸素は老化や、生活習慣病、がんなどの病の大きな要因となっていることがわかってきました。
しかし、この活性酸素を抑える力はわたしたちの身体に従来備わっており、抗酸化酵素を使って酸化物質を無害化しています。抗酸化酵素は、体内で作られたり、食品によって補われたりしながら使われていますが、年齢とともに体内で作られる抗酸化酵素の量は減っていってしまいます。
青汁の栄養素には、活性酸素を無害化する効果を持つ抗酸化物質が数種類入っており、特に大麦若葉や明日葉には強力な抗酸化物質であるスーパーオキシドディスムターゼ(SOD)が含まれているため注目されています。
大麦若葉と明日葉で作られた青汁畑を飲むことで、年齢とともに少なくなってしまった抗酸化酵素を補うことができ、老化を遅らせたり、深刻な病のリスクを下げたりする効果が期待できます。

基礎代謝の向上に

身体は生きるためにエネルギー消費を行っており、運動を抜いたこの最低限のエネルギー消費量を基礎代謝と言います。基礎代謝は加齢、バランスの取れていない食生活、運動不足、便秘、冷え性など様々な要因により下がって行きますが、基礎代謝が下がれば、太りやすくなり、免疫力も低下してしまいます。年齢による基礎代謝の低下は避けられませんが、下げ率を減らすために効果的な方法はいくつかあります。
  • タンパク質、ビタミン(特にB1及びB2)、ミネラルをしっかり摂る
  • 腸を活発に保つために、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維をバランス良く摂る
  • 適度な運動を取り入れる
  • 良質でまとまった睡眠時間を確保する
運動や睡眠以外の要因では、普段の食事から得る栄養も深くかかわっていますが、新陳代謝を上げるために必要なビタミンやミネラルが栄養素として入っている青汁には、基礎代謝をアップする効果が期待できます。
青汁畑に含まれる大麦若葉や明日葉は非常に栄養豊富な野菜で、補酵素であるビタミンB群も多く含まれているため、新陳代謝の向上に効果が見込まれます。
また、青汁畑には、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維が両方豊富に含まれており、日常的に飲むことで、新陳代謝を低下させる便秘への対策ができます。基礎代謝が今よりも改善すれば、ダイエット効果も期待でき、メタボリックシンドロームの予防にもなります。

骨粗鬆症の予防に

日本では50歳以上の女性の3人に1人は骨粗鬆症にかかっていて、骨粗鬆症は、更年期を過ぎた多くの女性にとって身近な問題です。また、男性でも高齢化に伴い罹患率が上がってきており、骨折後の死亡リスクや生活の質の低下は女性よりも悪いと言われています。
将来、骨折による介護や死亡のリスクを減らすためには、健康な今のうちから骨粗鬆症の予防を意識して骨密度を上げていくことが必要です。
カルシウムは、マグネシウム、ビタミンK、ビタミンDなどの栄養素を万遍なく摂取することで骨として定着しますが、青汁には骨粗鬆症予防に効果のあるミネラルやビタミンが含まれています。
青汁畑の原材料である大麦若葉や明日葉は、カルシウムを始めとするミネラルが豊富な野菜で、ビタミンKやマグネシウムも多く含まれています。
ビタミンDについては数分から20分程度の日光浴によって合成することもできますが、冬の北海道など条件によっては相当な時間がかかることもあるため、ビタミンDを含む魚類や卵黄やきのこなどを同時に食べることで摂取できます。
また、青汁畑には、骨の土台となるコラーゲンの合成に必要なビタミンCが添加されているため、栄養補給だけではなく、骨粗鬆症への予防効果がある補助食品としてもご利用いただけます。

青汁に含まれる栄養成分の効果:小さな努力を日々の楽しみに

栄養食品やサプリメントでがっかりしないためには

できることなら、あれもこれも叶えたい。でも、手間がかかるのはちょっと。これは健康になるための努力に対する、私たちみんなの本音です。しかし「苦労は買ってでもしろ」と言いますが、忙しい毎日、わざわざ新たな苦労を背負うようなことはしたくありません。ですから、できるだけ簡単で、そのうえ効果がたくさん得られるような方法を、私たちはいつも探しています。栄養食品やサプリメント、それから今回ご紹介する青汁も、人気の方法の一つです。
ドラッグストアやショッピングセンターの健康食品のコーナーに行くと、沢山のポップが目を引きます。それらを読むにつれ、なんだかどれも自分に必要な気がして、あ、このサプリも必要だ、あれも飲まなきゃ、という心境になってしまいます。ですが、にぎやかな宣伝文句に心を奪われて、過度の期待を持たないようにしましょう。栄養食品は医薬品ではないので、すぐさま効果が現れることはありませんし、ドラマチックな体調の改善も望めません。そうは言っても、健康になりたいという気持ちが報われないのは残念ですね。では、栄養食品やサプリメントでがっかりしないためには、どうすればよいのでしょうか。その答えは「正しい効果の現れ方を知る」ことにあります。その点で、栄養成分の豊富な青汁は、試してみるにはうってつけです。その理由は、次のようなものです。

青汁に含まれる栄養成分の効果

青汁の主な栄養成分は、ビタミンB群やCをはじめとするビタミン。それからポリフェノールなどの抗酸化剤、カリウムなどのミネラル、そして食物繊維です。青汁の特徴は、含まれる栄養素の種類の豊富さと、含まれる量の多さにあります。言ってみれば青汁は、天然のマルチサプリです。色々なサプリメントに手を出さなくとも、これ一つでほとんどの栄養成分を補うことができます。さて、このような栄養成分がどのように機能するのか。ごく簡単にまとめると以下のようです。
ビタミン群
代謝(体がエネルギーを利用する仕組み)を助け活発にさせる機能
抗酸化剤
体を作っている物質が酸素と結びついて壊れるのを防ぐ機能
ミネラル
エネルギー産生および代謝の補助
食物繊維
腸内環境の整備
これらに共通しているはたらきは何でしょうか。それは体の本来の仕組みを助ける、というものです。すなわち、栄養の取り込みとエネルギーの利用を効率よく行うことや、細胞の再生を助けて組織を丈夫にすること。消化と吸収をスムーズにすること。バランスが崩れてしまっている健康を、体本来の力で本来のバランスへと緩やかに戻すことです。
ポイントは「緩やかに」。体は決して「黒から白へ」というようにガラリと変わったりはしません。ですが適切な働きかけをすれば、ゆっくりと着実に変わっていくものです。これが「正しい効果の現れ方」です。ですから、あせらず、気長に変化を待つのが正しい待ち方だと言えます。このことを知っていれば、起きるはずもないドラマチックな体の変化を期待しては空振りするという悪い循環にはまらずにいることができます。

効果は目に見える所に少しずつ積み上がる

前にも書いたように、今日飲んだ青汁の効果は薬のように翌日すぐに現れるというものではありません。では、その効果は体のどこに、どのように現れるのでしょうか。
その答えは「目に見える所に、少しずつ」です。具体的には、毎日のお通じの変化、生活リズムのメリハリ、肌の調子、これらの状態が、次第に改善していきます。青汁習慣をコツコツと続けていくと、いつか「あれ、そういえばこのところ調子良いな」と感じる時が訪れます。そして習慣を始める前の体調を振り返ってみると、その変化を明らかに認めることができるでしょう。
青汁の習慣化をお勧めすることには、実は理由があります。青汁を含む多くの栄養食品やサプリメントに含まれている各種の栄養成分は、体に吸収されやすい一方で体外に排出されやすく、効果があまり持続しません。ですから栄養食品によって体調を改善していくためには、毎日摂ることで効果が途切れないようにして、それを一週間、二週間、一ヶ月と続けていくことが大切なのです。習慣化することはいかにも大変そうですが、心配する必要はありません。私たちはあなたの青汁習慣がストレスなく開始されるように、丁寧にサポートします。その思いは、以下のように込められています。
  • 青汁のさっと溶かして飲むだけの手軽さ
  • 爽快で飽きのこないおいしさ
  • 置き場所や保存に困らない包装
  • 無理のないペースで購入できる便利さ
青汁習慣が始まり、その豊富な栄養成分が途切れずに体に取り込まれることで、何が変わるのでしょうか。まず、次第に腸内環境が改善されてお通じが良くなります。また、エネルギー代謝が活発になることで、疲れがたまりにくい体質に変わっていきます。さらに細胞の入れ替わりがスムーズに行われるようになり、肌が生き生きとしてきます。これらの改善は生活のストレスを減らすので、それを受けてさらに体調が良くなる、というプラスのサイクルが回り始めます。これらの変化は見て分かるほどのスピードでは進みません。しかし、毎日わずかずつ伸びる髪や爪のように、青汁による体調の変化は、緩くとも着実に積みあがります。そしてその習慣を続ける限り、後戻りすることはありません。これは「努力が報われる習慣」と言い換えてもよいでしょう。青汁を習慣にすることで、自分自身がゆっくりと良い方向へ変わっていく。毎日の暮らしが次第に快適になっていく。その小さな変化を楽しみましょう。

健康のための努力を日々の楽しみに

宝くじは夢を買うものだと言われます。賞金が手に入ったら何をしようか、そう考えてわくわくする気持ちが宝くじの醍醐味だという意味でしょう。そこまで大きな話ではないですが、青汁習慣もまた、明日を楽しみにさせるものです。体が今よりも元気になったら何をしよう、どこへ行こう。朝すっきりと起きられるようになったら、ウォーキングを始めてみたい。おいしいものを食べに行きたい。そう考えるのはとても楽しいことですね。

ここで大切なのは、宝くじとは違い青汁習慣には当たりはずれがないことです。青汁の栄養成分には、派手でドラマチックな効果はありません。しかし、毎日の小さな習慣はゆっくりとですが確実に、あなたの夢に向かって伸びていきます。今日はちょっと調子良いかも。明日も調子良いかも。このままずっと良いかも。このような日々の期待感が、他の栄養食品ではちょっと得られない、青汁習慣の醍醐味といえるでしょう。

青汁 栄養 効果の記事一覧
青汁 毎日飲む 効果
あれ、肌の調子いい!ふとした瞬間に気づく青汁の効果
青汁の効果を引き出してくれる食べ物
飲みやすい青汁の意外な栄養効果 風邪予防効果に期待
飲みやすい青汁の意外な栄養効果 むくみ対策
野菜不足に青汁で簡単栄養補給
飲みやすい青汁の美肌効果