青汁 比較 成分

青汁の選び方について

青汁は毎日飲んでこそ効果の上がる製品です。飲むと決めたのであれば、飲みたいと思える青汁商品を選んだ方がモチベーションは上がります。では、多数ある青汁商品をどのように比較すれば良いでしょうか?
当然最初に気になるのは成分です。青汁を製造する過程で使用した野菜によって含まれる栄養成分は異なりますし、同じ野菜を使用していたとしても品種や生育した気候や土地の条件によっても成分は変化してきます。ですから、素材、品種、生育環境と共に成分の比較が必要です。
次に気になるのは味や価格です。同じ成分であるなら、好みの味、安い商品に越したことはありません。味や価格の比較は本来の目的、つまり青汁を摂取することの重要性とは関係ありませんが、毎日続けるものなので年間にすると大きな差が出てきます。
そこで今回は、青汁製品に含まれる野菜、成分、味や価格について検証してみましょう。

青汁に使用される野菜について

青汁に使用される野菜はケール、大麦若葉、明日葉が代表的です。ケールはアブラナ科の野菜でキャベツやブロッコリーの原種として知られています。ケール自体を食べる機会はないですが、青汁の原料として使用されたことで有名になった食材でビタミンやミネラルが豊富です。
次に、大麦若葉はイネ科の植物で大麦が30cmになる前の若葉を指しています。栄養バランスに優れていますが、ケールと比較すると栄養成分としてはやや劣ると言われています。
そして、明日葉は日本原産のセリ科の野菜として知られており、ここに挙げた3種類の野菜を成分で比較すると最も栄養価が豊富な食材です。ケールや大麦若葉は熊本県などを中心とした九州地方が主な産地です。明日葉は房総半島や伊豆諸島など太平洋側を主な産地としています。しかし、最近では比較的栽培が難しいとされてきた北海道で育まれた原料を使った青汁が販売されています。他の原産地と比較して、特に栄養成分が豊富に含まれていることで知られるようになりました。

青汁の成分について

青汁製品に含まれている成分を原材料の欄を見て比較してみましょう。
青汁製品の成分は糖質、野菜成分およびプラスアルファの成分の3つの組み合わせで決まっています。原材料名の最初に記された成分が最も多く配合されていますから、まずは青汁の原点である野菜成分が最も豊富に含まれた製品が望ましいです。
気をつけておきたいことは「フルーツ青汁」と記された製品です。たとえダイエット効果を強調した製品であったとしても、最も多く使用している原材料が野菜ではなく、還元麦芽糖飴や砂糖である製品があります。当然、これらの製品の場合は他社製品と比較して甘く飲みやすいですが、野菜の栄養成分が少なくなります。大手飲料メーカーが提供している青汁製品であっても例外ではありません。大麦若葉などの野菜も使用していないわけではありませんが、野菜成分が少なければ食物繊維や様々な栄養成分は低下しますので要注意です。
次にプラスアルファの成分について比較してみます。この成分は各メーカーのこだわりが表れていますからよく確認してみましょう。例えば藻の成分を含んだ製品、青汁に含まれる野生成分の吸収を促進させる成分を含んだ製品などがあります。この点に注意して各社製品の広告を比較すると、意外とプラスアルファの成分が多く含まれている製品は多くありません。
青汁は人気な健康食品なので製品が多く、漠然と広告を眺めているだけでは比較が難しくなっています。どの製品が優れているのか悩んでいる方は、まず記載されている原材料を確認してみることが重要です。
青汁畑は、有機JAS取得のものや無農薬にこだわった原料を使用して製造しており、4種のプラスアルファの成分を加え、合計8種もの成分が含まれている特徴を持っています。素材の良さに加えて、人気のサプリメントが含まれている貴重な一杯です。

青汁の味や価格について

青汁には優れた成分が豊富に含まれている上に味も改良され続けているため、今ではまずい製品の方が珍しいくらいです。さらには青汁で野菜成分を摂取する方が野菜そのものを食べて摂取する方法と比較しても安く、一部の概算では半額ほどの価格に抑えられる試算も出ています。値段について具体的に比較しますと、青汁一包で約100円~170円の価格帯で販売されていますので参考にしましょう。
青汁製品を比較する上で成分が最も重要な要素ですが野菜の素材を重視するか、野菜以外の成分の有無を重視するか、味や価格を重視するかは悩むところです。しかし、出来ることなら毎日飲むものですから、全てをクリアした青汁製品を求めるのが自然の流れです。

青汁畑について

青汁畑は北海道原産の材料を主原料として、栄養成分が豊富な明日葉と大麦若葉を中心に抹茶や緑茶を独自の配合で組み合わせた飲みやすい商品です。さらにゴマ若葉やキダチアロエを配合している特徴があり、他の青汁製品と比較してより高い栄養成分が配合されています。これらの原料に加えてヒアルロン酸、コエンザイムQ10、ビタミンC、グルコサミンなど美容効果が期待できる成分も配合されているので、人気のサプリメントも一杯で補うことができる便利な青汁製品なのです。また、定期お届けコースでは一包あたり88円で継続できるため、他の青汁製品と比較して、より低価格を実現しています。
これまで別製品の青汁を飲まれている方も、これから青汁を始める方も素材、成分、味、価格をぜひ一度「青汁畑」と比較して始めてみましょう。
北海道の飲みやすい青汁 北海道の飲みやすい青汁 飲みやすい青汁
おすすめの記事