青汁について

「生の緑黄色野菜」が体に良いのは知られていますが、野菜摂取の効果を得るためには毎日続けることが必要です。
濁った緑色の液体で満たされたコップを手に持ち「まずい!もう一杯!」のキャッチコピーで放送されたCMを見て、初めて青汁のことを知った人も多いはずです。当時、メデイアでは罰ゲームで青汁を使用されることもありましたから、私たちには青汁を毎日飲むことを想像できませんでした。しかし、この「まずい」CMをきっかけにして青汁に注目が集まり、本来のストロングポイントである成分や効果が話題となりました。
今では青汁の問題点である「まずい」味は開発が進み、毎日飲むことも一般的となりつつありあります。また、販売するメーカーや購入方法も多岐にわたり、インターネット上では青汁商品のランキングも掲載されている程です。一方「青汁」を毎日飲むことでどのような効果が得られるのか?についての理解は十分でなく、商品だけが一人歩きしている感は否めません。
そこで今回は原点に立ち返り、改めて「食生活」と「青汁の効果」について考えてみます。

野菜不足について

野菜不足が指摘されて久しいですが、実際どの程度の野菜を摂取すれば効果が得られるでしょうか。
厚生労働省が推奨する野菜の分量は1日350gです。同省が実施している国民健康・栄養調査では、日本国内における1日当たりの野菜の分量は292.3gと報告しています。野菜不足は年代の低下に伴って顕著で高齢者も例外ではありませんが、カット野菜などサラダの購入金額は増加傾向にあります。つまり、野菜をもっと食べた方が健康効果を得ることが出来ると分かっていても、目標とする1日350gには到達出来ていないということです。そこで、青汁を毎日飲むことで不足分の野菜を補充できれば、簡単に高い効果を得ることが出来ると考えられます。
実際、自宅における野菜の管理を考えてみますと、特に男性は野菜の調理・下ごしらえに不慣れな方が多いので自宅で野菜まるまる1個を調理・保存することは難しいものです。また、食事量が落ちてくる高齢者にとっては、野菜が好きであったとしても必要な野菜の分量を確保することが難しいため、十分な効果が得られません。青汁であればコップ1杯分の水があれば外出先でも飲むことができますので、毎日飲むことが苦にならず、どの年代の方々にも優しい摂取方法です。
また、コンビニで販売されている野菜サンドイッチは1パックで野菜の分量50g程度と言われています。青汁であればコップ1杯分で、少なくとも同量、もしくはそれ以上の野菜の分量を摂取することが出来ます。食事として必要な野菜の分量は非常に多いので、野菜不足と分かっていても解決しにくい問題である、と認識しましょう。そうすれば、食事量の少ない高齢者や忙しいビジネスマンにとっても、簡単に毎日飲むことができる青汁の方が継続しやすいので効果も出やすくなるのです。

青汁の効果について

「形あるもの皆壊れる」とは仏教の概念ですが、現在ではこの概念と逆行する「アンチエイジング」の研究が進んでおり、青汁の効果が期待されています。つまり、老化現象を遅らせる対策として規則正しい食事が重要で、継続した効果をもたらすのです。
一般的に、年齢を重ねることで腸内の善玉菌が減少するので、1日3度の規則正しい食事、必要量の野菜摂取、夜食を控えることを推奨しています。中でも善玉菌が多い腸内環境を保つ上では、食物繊維が豊富で善玉菌の増殖の助けとなる野菜を食べ続ける必要があります。青汁であれば食物繊維も豊富ですし、簡単に毎日飲むことが出来る点も効果が得られやすいポイントです。
また、こうした規則正しい食生活は体内時計をリセットする効果があるので、質の良い睡眠へと導いてくれます。そして、質の良い睡眠には、細胞の修復に役立つ成長ホルモンや眠りへ導くメラトニンなど人の体に備わっているホルモン分泌を促進させる効果があるのです。当たり前のようなことですが、毎日の規則正しい食事の継続と質の良い睡眠はお互いにリンクしていますから、相乗効果を期待できる点においても簡単に毎日飲むことが出来る青汁は、とても優れた商品なのです。
各種の美容形成やダイエット方法などの医療行為はすぐに大きな効果を期待できるかもしれません。しかし、何事も継続してメンテナンスを行なわなければ、元に戻ってしまいます。高い効果を得るためには、継続して取り組みことが必要です。まずは、今の食事に青汁を毎日飲むことを足すことから始めてみましょう。

安定した食生活の継続について

季節に応じた旬の食材を「選択」することで、夏は体を冷まし、冬は体を温めて、免疫力を改善させる効果がありました。しかし、今では生活様式が大きく変化し、保存の効く食品や、徹底して品質管理をされたコンビニ食品や外食が中心となることが多くなってきました。だからこそ、体を守るために効果的な食事を自分の意思で「選択」することが重要になってきたとも言えます。青汁を毎日飲む、という「選択」は今の食事を大きく変えず、付け加えることが出来るという点でもメリットがあります。
毎日の食事を大きく変えることは労力が大きく、なかなか気持ちだけでは継続できません。その点、青汁を毎日飲むことは労力を抑えて、かつ高い効果が期待できます。「継続は力なり」です。無理な変化を起こして挫折するよりも、コップ1杯から無理なく実践できる青汁を「選択」して継続する方が、体調改善・良質な睡眠に向けて確実な効果をもたらします。
特に野菜を食べたくても食べることができない環境において、青汁を毎日飲むことは、無理なく継続した野生摂取量を確保してくれる重要な選択枝なのです。

青汁畑について

健康維持や若返りを目標とした時、規則正しい食事を続けることが重要です。しかし、安定した野菜摂取量を確保することは意外と難しいので、生の緑黄色野菜に含まれる豊富な成分が凝縮された青汁を毎日飲むことで、体調改善に向けて高い効果を維持しやすいと分かってきました。では、数ある青汁商品の中でどの商品を選択すれば効果が高いのでしょうか?
青汁は、新鮮な素材を使用して豊富な成分を逃さないことが重要です。最近では味の苦味の原因と言われてきたケールは使用をせず、大麦若葉や明日葉を主成分とした飲みやすい製品が出てきていますから、青汁を毎日飲むことは負担が少ないです。中でも「青汁畑」には大麦若葉や明日葉に加え、キダチアロエやゴマ若葉を含めた4種類の野菜を主原料としており、北海道原産の豊富な成分が詰まっています。食物繊維、ビタミン、葉酸、βカロチン、マグネシウム、鉄分だけでなく、抗酸化物質、ヒアルロン酸、コエンザイムQ10など、サプリメントを何種類も飲むかのような豊富な成分が含まれていますから、より大きな健康効果を期待できます。
北海道という土地や気候と、多くの努力から作り上げられた北海道原産の「青汁畑」は2011年からモンドセレクションを6年連続受賞しました。世界の専門家たちが認めた「青汁畑」を毎日飲むことで規則正しい食事を継続し、体調改善・良質な睡眠に向けて確実な効果を獲得しましょう。
北海道の飲みやすい青汁 北海道の飲みやすい青汁 飲みやすい青汁
おすすめの記事