飲みやすい青汁 ゴマ若葉 効果

飲みやすい青汁を生み出すゴマ若葉の力

青汁には3大原料と呼ばれる、ケール、大麦若葉、明日葉の3つの成分があります。栄養重視の青汁ほど苦みが強いながらも最強クラスの栄養素を誇るケールを、飲みやすい青汁はケールに勝るとも劣らない栄養とお茶のような風味を持つ大麦若葉をそれぞれ採用し、商品の宣伝にもそのことを大きく取り上げます。一方、その影に隠れる形で飲みやすい青汁を支えていならが、なぜか青汁の4大原料と呼ばれない成分がゴマ若葉です。
ゴマといえばパンやお菓子に用いられたり、様々な料理の薬味に使われたりと、縁の下の力持ちというイメージですから、青汁の効果でもそう思われても仕方ないかもしれませんが、実は飲みやすい青汁にとってゴマ若葉はむしろ主力成分なのです。ゴマというだけあって味や風味は言わずもがなですが、大麦若葉を越える豊富な栄養を持ち合わせています。そのうち青汁4大原料、いえ飲みやすい青汁の必須原料と呼ばれるようになるであろうゴマ若葉についてご紹介していきます。

ゴマ若葉ってどんな食べ物?

そもそも飲みやすい青汁につかわれているゴマ若葉がどんな食べ物なのか想像しづらいかもしれませんが、みなさんご存知のあのゴマです。ゴマの実がなる前のゴマの若葉を摘んだもので、シソの葉によく似て、先がギザギザした3枚の葉を持つゴマ若葉は、馴染み深いゴマの実よりも手に入りづらく、日本人の食文化からはちょっと縁遠い食べ物です。その点は大麦若葉や明日葉と同じですね。
シソと似ている葉っぱが入っているのに飲みやすい青汁になるのかと疑問を持たれるかもしれませんが、青汁畑のような飲みやすい青汁に欠かせない風味を生む効果を手伝っているのがゴマ若葉なのです。それも、ゴマは薬味の一つであって栄養効果それほどは高くないのでは? というイメージが大きく変わるほどのポテンシャルを秘めています。次はいよいよ、そんな意外な優秀さをもち合わせたゴマ若葉の成分と効果に迫っていきましょう。

ゴマ若葉に含まれる代表成分・ポリフェノール

ゴマ若葉は飲みやすい青汁の主成分に選ばれるだけあって、栄養効果の高さは折り紙付きです。ゴマといえばセサミン。ゴマ若葉の成分はそのセサミンを含めた豊富なポリフェノールが特徴です。ブルーベリーやチョコレートなどにも含まれている抗酸化作用のあるポリフェノールは、飲みやすい青汁・青汁畑の代表的な効果である「美容効果」に深く関わっています。
豊富なポリフェノールが老化現象を引き起こす活性酸素をはじめとする体内の有害物質を片っ端から取り除いていき、綺麗になったところにビタミンCやヒアルロン酸などの美容成分が浸透していくという見事な連携が、飲みやすい青汁がもたらす美容効果の構造なのです。つまり、青汁畑の美容効果はゴマ若葉がないと半減してしまうということです。多くの植物に含まれているポリフェノールですが、普段の食事で摂取できる量は少なく、飲みやすい青汁以外でその効果にあやかることが難しい栄養素でもあります。水に溶けやすく、早く効いて早くなくなるという性質のため、毎日続けて摂ることで効果を持続的に発揮するという点では、飲みやすい青汁にぴったりマッチしている栄養素だといえます。

葉酸

飲みやすい青汁に不可欠な成分であるゴマ若葉には、高いアンチエイジング効果もありますが、その効果を担っているのが葉酸です。エネルギー生産や細胞の活性化などの効果があるビタミンB群の一種で、いかにも優れた健康効果を持っていそうな「葉酸」という名前の通り、血液をサラサラにする効果があります。この葉酸、ゴマ若葉だけでなく様々な食べ物に含まれていますが、食べ物から摂ろうと思ったら、レバーやパセリ、北海道の名産であるブロッコリーやアスパラガスなど、ちょっぴりクセのある食べ物が多く、日々の食事で多く摂取するにはちょっぴりハードルが高めです。
その点、ゴマ若葉を使った飲みやすい青汁である青汁畑を30日間毎日1杯ずつ飲み続ければ、毎日簡単に葉酸を摂取でき、30包飲み切る頃にはバナナ約5本分もの葉酸を青汁畑から得ていることになります。毎日バナナを一本食べるよりも、飲みやすい青汁で葉酸の栄養を毎日少しずつ補給できた方が簡単で良いですよね。

ゴマ若葉の健康成分

ポリフェノールや葉酸の他にも、ゴマ若葉が飲みやすい青汁に貢献している栄養や効果はまだあります。美容効果も良いですが、一番欲しいのはやっぱり健康効果ですよね。ゴマ若葉には体の抵抗力を高め、むくみ防止、利尿作用や高血圧の予防など、多くの効果があります。その効果の源が、カリウム、カルシウム、βカロテンの3つの栄養素です。これらは大麦若葉にも含まれていますが、実はゴマ若葉のほうが多く含んでいるのです。
中でも食べ物からは吸収しづらいβカロテンは、単体で摂るより他の栄養と一緒に摂取することで効果を発揮する栄養素ですから、多種多様な栄養が含まれている飲みやすい青汁にこそ相応しい栄養です。そんな栄養素を青汁に供給しているのですから、まさに栄養の総合力なら青汁最強の成分との呼び声の高い大麦若葉にだって勝る、ゴマ若葉の面目躍如。これだけの効果があることが分かれば、冒頭で将来的に飲みやすい青汁の3大原料と呼ばれる可能性があると言ったのもうなづけるかと思います。
北海道の飲みやすい青汁 北海道の飲みやすい青汁 飲みやすい青汁
おすすめの記事