農業大国 北海道から国に

北海道は日本で一番の農業の地域です。 20代前半のころ、営業会社で働いているときに 北海道内を車で毎日のように巡りました。北海道という地はとても広く、例えば、札幌から最南端の函館、 札幌から最北端の稚内、オホーツク海側の網走まで 何処に行くにしてもかるーく車で5~6時間くらいかかり とても遠いのです。車で走りながら道行く周りを見渡すと 山に畑に見慣れた大自然が広がり、農家がとても多い土地で まさに「北の国から」のような光景です。

夢を諦めないで求め続ける北海道 飲みやすい青汁

この農業大国の田畑から収穫される野菜を産地直送で 全国の方に届ける事は出来ないかと考えておりました。 しかし、当時20歳そこそこだった私が その壮大なテーマを実現する為に必要な資金もなければ、 農家と全国のお客様とをつなぐ力もない。 結局、どうしていいのか分からないのが現状でした。 そんな中、原点に立ち返りお客様の求めている事、 自分が世の中のためにできる事はなんだろうと 考えるようになりました。

冒頭でもお話ししましたが、私が青汁畑の開発のきっかけの一つでもある
「農業大国北海道の野菜を全国にお届けする」 という壮大なテーマに向けて、
北海道の農家の皆さま、便利になったインターネット、 新鮮な状態でお届けしてくれる運送会社様とをリンクさせて、 農産品の産地直送計画をすすめている最中です。
もしこれが実行できたなら 家に居ながら安心して、遠い北海道の野菜を手軽にお取り寄せすることが可能となります。夢は諦めてしまえば、夢で終わってしまいます。

夢を実行に移して完成させるまで諦めなければ 必ずや「人類の為になり幸せにつながると」 思っております。

青汁畑誕生までの期間は10年という年月がかかっています。多くの健康食品は、構想から数ヵ月~1年くらいで発売をスタートしています。ではなぜ青汁畑の発売開始まで10年という年月がかかってしまったのか?それは今になって思えば、妥協を許さないこだわりと、極限まで完成度を高めた現れなのかもしれません。

まず私が22~23歳のころ、青汁に必要な青野菜は何が適切なのかを調べました。 様々な青野菜が存在する中、栄養価が高く癖の無い味という点に着目して「大麦若葉」を選び、 生命力が強い青野菜「明日葉」ゴマの栄養成分を含んだ「ゴマ若葉」をプラスしました。 そして、幼少期に自宅にアロエの鉢植えがあり祖母から「アロエは「医者いらず」と言われ、傷や火傷に良い」 と教えられた事を思い出し「アロエ」を追加、青野菜主要「4成分」で構成いたしました。

しかし、青野菜独特の苦味を取り除かなければ、多くの方々に美味しく飲んでいただける青汁として、認知されないであろうと考え、栄養成分をそのままに、苦味をできるだけ感じないように、幾多の試行錯誤を繰り返し、美味しい青汁として完成しました。

そんな中、美味しい青汁としては完成したものの多くの健康食品がある中で、私はなぜか納得ができずにいました。

それは自然食品や健康食品という業界を広く見たときに青汁以外にも人気の健康食品が多く存在していて、すでに様々な青汁が販売されている中で同じような青汁の販売を始めても皆様に喜んでいただけるのだろうか。誰もがアッと驚くようなモノでなければお客様の役に立つことはできない。 いっそのこと今人気の自然食品や健康食品を一つにまとめてしまえば、忙しい人も、 今まであれこれ飲んでいた人もみんなが気軽に簡単に飲めるのではないかと考えました。

多くの方に喜んでいただくためにまず軟骨成分グルコサミンと美容成分ヒアルロン酸を青汁畑に配合してみることにしました。 しかし、グルコサミンは嫌な苦みが口の中に広がり、市販のグルコサミンのサプリメントは錠剤タイプがほとんどで、 飲めるグルコサミンが無いことに気づきました。

しかし、グルコサミンとヒアルロン酸を同時配合する事が出来れば、 多くの方が手軽に「青汁、グルコサミン、ヒアルロン酸」の三大健康食品を同時に摂取でき、 最高の健康食品になれると考え、工場の方々と試行錯誤を繰り返しました。
そうこうしている間に年月が過ぎ、妥協を許さない完成度の高い「オールインワン青汁」青汁畑が完成したのです。

飲みやすい青汁|青汁畑

完成した青汁畑は、味は日本人なら小さなころから飲んでいる「抹茶、緑茶」で飲みやすく仕上がり成分は健康食品青汁を始めとした、今人気のグルコサミンやヒアルロン酸、コエンザイムQ10にビタミンCをバランス良く配合した、今までにない最高の青汁です。

これでようやく青汁畑の理想としていた「多くの方に健康をお届けしたい」という願いを叶えることができました。毎日が多忙な方、子育て中の主婦、節約はしたいけど健康でいたい方、元気に過ごしたい年配の方年齢層問わずに子どもから大人の方まで皆様にぜひ一度試してみてほしい一杯です。

北海道の飲みやすい青汁 北海道の飲みやすい青汁 飲みやすい青汁
おすすめの記事