味が無い青汁|飲みやすい青汁

青汁畑と今までの青汁の違い

青汁畑は苦みの味が無い青汁なので、飲みやすい青汁と評判です。今までの青汁はケールという野菜を使うことが主流でした。ケールは青汁の成分として有名なので、聞いたことがある方もいるでしょう。ケールにはアブラナ科の野菜で、私たちの体に必要なビタミン類や、高血圧を予防する働きがあるカリウムが豊富に含まれています。しかし、それほど栄養満点な野菜なのに、私たちの食卓に出てくることはほぼありません。スーパーなどでもあまり見かけないのはなぜなのでしょうか。
実はケールはとても苦く、料理法を工夫しても食べにくい食材だからです。しかし、優れた栄養素を生かすためにケールは品種改良を繰り返した野菜でもあり、私たちが普段食べているキャベツとブロッコリーは、ケールを品種改良してできた野菜です。このケールを使うと当然味が無い青汁には程遠く、しかもケールを使うと飲みやすい青汁にはなりません。
実は青汁畑は飲みやすい青汁を作るためにケールを配合していません。さらに青汁畑が青汁独特の味が無い青汁を目指して、ケールの代わりに入れた食材があります。それがごま若葉です。

注目の食材!ごま若葉とは

青汁独特の味が無い青汁を作るために必要な食材があります。皆さんは、ごま若葉という食材をご存知でしょうか。このごま若葉は、ケールに代わる新しい食材として注目されています。日本ではメジャーな野菜ではないですが、世界の他の国では昔から薬などに利用されていました。
そんなごま若葉とはごまが育っている途中の葉のことを指します。まだ成長途中の葉なので、生命力にあふれ、栄養価がとても高い植物です。人間でいえば10代の成長期みたいなところでしょうか。ケールとほぼ同じ栄養がありますが、特に貧血になりやすい女性におすすめの鉄分や妊婦さんに良い葉酸はケールよりも多く含まれています。
そして、ごま若葉の利点はなんといってもクセがないため、飲みやすい青汁で、苦みの少ない味が無い青汁を作ることができます。さっぱりとしていて味が無い青汁なら、つわりなどでも飲むことができそうです。これが青汁畑が飲みやすい青汁の理由ですね。
飲みやすい青汁を目指すと、味にこだわるあまり、どうしても栄養価が低くなりがちです。青汁畑は開発に時間をかけたため、栄養満点であり、かつ飲みやすい青汁に仕上がりました。

青汁の味だけでなく栄養もチェック

健康食品はやはり毎日続けることが大切ですし、続けることで効果が表れてきます。人間は、苦いものを毒ととらえ、異物と脳が判断する仕組みになっています。このように苦いものに敏感なのは人間の本能であるため、苦みからはおいしさを感じることができません。そこで、嫌な味が無い青汁である青汁畑を選ぶことをおすすめします。
また味だけのことをいうなら、今は青汁畑のみならずたくさんの会社から飲みやすい青汁が販売されています。豆乳やはちみつを加えたものなど、ジュースのように飲めそうな様々な葉物の味が無い青汁が販売されています。青汁が初めて発売された時よりクセが少なく、味が無い青汁が増えていますし、気軽に飲める飲みやすい青汁が増えています。しかし、その飲みやすい青汁の中には通常の青汁を薄めている場合や、カサ増ししている青汁の場合があります。青汁を薄めると、確かに苦みなどの味が無い青汁になりますが、青汁の肝心の栄養もその分減ってしまいます。
いわゆる健康食品と呼ばれているものは、栄養価などの基準が決められていません。少し野菜を配合しているだけで、どんな商品でも青汁と名乗ることができるのです。そこらへんについて、これから青汁を購入しようとお考えの方はしっかり吟味しながら決めたほうが良さそうですね。

青汁の賢いび方

どの商品にも体に良さそうなことを書いてありますし、飲みやすい青汁、特有の味が無い青汁などと書かれていますね。ここで、パッケージに惑わされないで済み、飲みやすい青汁を選ぶときのコツと決めてをこっそり教えましょう。商品の裏などにある原材料の欄を確認します。この原材料は商品に入ってる成分が多いものから記載しなければいけない決まりになっています。
青汁でよく使われている食材は多いものから、ケール、大麦若葉、明日葉などです。しかし、中には一番最初に砂糖と記載されている商品もあります。そんな商品では飲みやすい青汁にはなるかもしれませんが、青汁の効果は出ませんし、毎日飲んで太ってしまうということにもなりかねません。インターネット広告や芸能人がよく宣伝文句で言われる「甘い」とか「ジュースみたい」と評判で独特の味が無い青汁には特に注意ですね!ちなみに青汁畑はオリゴ糖が6番目なので、砂糖がたくさん入っていないため体に良く飲みやすい青汁です。これが青汁畑をおすすめする理由のひとつでもあります。
健康になりたいのなら、イメージに惑わされずに、栄養価をチェックすることが必要です。栄養満点なのに、味が無い青汁はなかなか販売されていません。飲みやすい青汁として評判の青汁畑で健康習慣を始めましょう。

青汁畑をお勧めする理由

青汁畑はケールを使用していないため、苦みの味が無い青汁になっています。更にごま若葉が代わりに配合されているため、飲みやすい青汁で、体にも良いと良いことづくめの青汁です。このように、味が無い青汁の中では栄養価は抜群です。
また、この他にも青汁畑は様々な工夫をしています。抹茶・緑茶を配合することで、日本人になじみのあるお茶に近い飲み物で飲みやすい青汁が完成しました。お茶なら時間帯を問わず、毎日飽きずに飲むことができますね。夏はアイス、冬はホットというように季節を問わずに飲みやすい青汁でもあります。
また、青汁畑はモンドセレクション銀賞も受賞しており、味は間違いありません。
青汁畑の原材料には、大麦若葉が一番多く含まれており、次に多いものが食物繊維です。食物繊維は1日18g程必要といわれていますが、日本人は11g程しか取ることができていません。このように日々足りない栄養素も同時に補給できるのが飲みやすい青汁の青汁畑の特徴です。苦味の無い青汁で毎日の健康習慣を始めましょう!
北海道の飲みやすい青汁 北海道の飲みやすい青汁 飲みやすい青汁
おすすめの記事