てことで、「苦くない飲みやすい青汁」で調べました。   かなり迷うほどの種類が出てきますね。迷いまくりました。   迷った結果「青汁畑」を飲んでみることしました。   なぜほかの大手会社が出している青汁じゃなくて、「青汁畑」にしたのか。  

理由は単純です。北海道産だったからです!笑  

私は北海道産と聞くと、つい広大な土地が思い浮かび、のびのびと植物が育っているビジョンが浮かびます。完全な私の個人的なイメージですが、、、   また、この青汁畑は抹茶・緑茶風味にもかかわらず、後味が甘口ともあって  

苦いのがダメな私にはぴったりだと思いました。  

初回お試し1週間分も安かったので、試してみることにしました。

王道の水に溶かして飲んでみた&五穀フレークに混ぜて食べてみた。

まずは一番王道にお湯で溶かして飲む方法。   青汁の青臭い味は多少ありましたが、気になるほどではなかったです。  

一番びっくりしたのは、後味が本当に甘かったです。  

友達から異常と言われるくらい私は甘党です。私が普通と言ったスイーツを友達が食べると激甘すぎて食べられないと言われるほどです。   そんな私でも、少し甘味があるなーと感じました。  

青汁を飲んだあとに口に残るあのなんとも言えない苦味はなく、さっぱりした少しの甘みがありました。  

そして、他の青汁で感じた粉っぽさはなくて、飲みやすかったです。  

また、今回飲むだけじゃなくて食べ物でも合うか試しました。

家にあった五穀フレークに混ぜて、牛乳を足しました

牛乳でよく混ぜてから食べたら、とても美味しく食べられました。  

よく混ぜたから青汁の粉っぽさはなく、牛乳との相性も良かったです。  

フレークと牛乳には砂糖が入っていなく、この組み合わせだと甘味が足らないなーと思いながら食べていました。   そこに青汁畑の青汁を混ぜたことで、甘味が加わって砂糖を入れなくても物足りない感覚はなくなりました。   他の方法でも美味しく摂れるので、飽きがこなさそうです。

まとめ

水とフレークに混ぜた味は両方とも当たりでした。  
おすすめの記事