ペンネーム:kobayashikoba

青汁というとあのCMを思い出します。悪役俳優が苦そうな顔をしてコップ一杯の青汁を飲み干しその苦々しい表情のまま『まずい!もう一杯』というものです。このCMからも容易に想像できるのは『青汁イコールまずい』という印象です。   だけど体にとっても良いものですよというメッセージです。まずいものは体に良いというのは昔からの諺にも『良薬は口に苦し』とある通りある意味真実なのかもしれません。

健康志向や健康寿命を延ばすことなどは1つのトレンド

しかし世は飽食の時代です。現在の超高齢化社会では健康志向や健康寿命を延ばすことなどは1つのトレンドではありますが、飲みにくいもの食べて美味しくないものはやはり食品業界のメインの潮流からは外れていく傾向にあるのではないかと思いまず。   まずいものが長年に渡って社会に受け入れられるには味や風味・見た目・効果など特化した何かがないと生き残れないのではないかと思います。

当時の青汁は臭みなどがあり味も鼻をつまんでいないと飲めないというものだった

私の両親は以前に青汁の販売を行っていたことがあり私も多少ではありますが粉末状のものや当時は『生』と言われる商品があり(冷凍庫で保存していたと思います)それも貰って飲んでいた時期があります。   当時の私は1人暮らしであったため親が野菜不足などの心配して渡してくれたのだと思いますが当時の青汁は臭みなどがあり味も鼻をつまんでいないと飲めないというものだったと記憶しています。やはり体にはよいものだと解ってはいても『これはなかなか飲めないなぁ』と思っていました。   しかし良くも悪くも青汁という存在が頭の中に残っていたのは確かでそんな中、今回の案件を偶然発見し今の時代青汁はどう変化しているのだろうという興味もあったため応募してみました。

1月22日に青汁のサンプルが到着しました

封筒を開封してみて目に飛び込んできたのは『モンドセレクション連続受賞』というチラシでした。正直、『青汁でモンドセレクション受賞?』と思いましたが7年も連続受賞していると書いてあり青汁も随分変わったのかなという印象を受けました。   また成分表示のチラシも入っておりその中でも注目したのはヒアルロン酸・グルコサミン・コエンザイムQ10などの美容成分に多く含まれるものが配合されていることです。   私の印象では青汁は健康食品としての役割がメインで美容の分野で活躍は印象が薄かったからですがこんな時代になったのかと正直驚きました。

実際の商品についてです

実際の商品についてですがパッケージの箱もしっかりしていて色やデザインも目に留まるものだと感じました。またパッケージ裏にはバックが黒のものに野菜の写真などが掲載されておりパッケージ全体としては纏まっている印象です。   パッケージを開封してみるとコマーシャルが沢山書いてありますが『おいしく飲むコツ』が書いてあります。これは青汁の小分けスティックをどかさないと見れないのでできれば見やすい位置に変えていただけると良いかなと思いました。

小分けスティックの開封です

いよいよ小分けスティックの開封ですが私の青汁の印象は前述した通りなので恐る恐る開封してまずにおいをかいでみました。するとほのかに甘いような香りがします。『ホントに青汁?』と思いましたがそのままお皿に開けてみることにしました。  

お皿にあけた写真がこちら

昔の青汁はもっと濃い緑色であったと記憶しているのですがの鮮やか緑色になっている印象を受けました。   次に実際の味はどうなんだろうと思いそのまま舐めてみることにしました。1口目は量が足りなかったのか味がイマイチわからなかったのですが2口目は量をある程度食べたので苦いかなと思いましたが実際に食べてみると『そうでもない!』と感じました。そのまま水に溶かして飲んでみることしました。  

水に溶かしてみた写真がこちらです

常温の水で溶かしましたがやや溶けにくい印象はありましたがそんなにしつこくかき混ぜなくてはならないわけではないので問題ないと思います。実際に飲んでみると昔の青汁とはだいぶ印象が違いやや甘い感じかほとんど無味といった印象でした。飲みにくいという印象はほとんどありませんでした。   次の日は日常的に食べているヨーグルトの中に混ぜ込んでみることにしました。  

混ぜ込んだ写真がこちらです

ヨーグルトはBIOの加糖タイプのものを使用しています。ヨーグルト自体の温度が冷たいので混ぜ込むまでにやや時間がかかる印象がありますが実際に食べてみるとほとんどヨーグルトの味は変化しておらず食べやすかったです。混ぜ具合にもよると思いますが若干粉のざらつきが舌に残る感じがありました。しかし青汁自体の味が良いので問題ないと思います。  

実際何日が使用してみての感想です

まず第1に感じたのはお通じの良さです。私は便秘きみではないのですが何時にも増して快便であったように思います。  
おすすめの記事