青汁畑 成分

今、世間には「青汁」という名のつく健康ドリンクがとても沢山あります。ですがそれぞれにメインにしている青菜成分やその他の補助成分は異なります。今回は北海道うまれの飲みやすい青汁、青汁畑の成分紹介を中心に、それらの成分がどのような効果をもたらすものかを詳しく説明していきたいと思います。

北海道の青汁青汁畑のメイン成分は大麦若葉

一昔、二昔前は「青汁=ケール」のイメージが強く「マズイもの」という認識が一般的でしたが、今はマズイ青汁を飲む人はいません。
ケールには独特の苦味成分がありますが大麦若葉は栄養価が高いのに味にクセがないことで有名です。現在発売されている青汁の大部分に大麦若葉が配合されていると言っても過言ではないでしょう。
大麦若葉には健康に良い色々な栄養素が含まれていますが、特に有名なものはSOD酵素という成分です。このSOD酵素は身体から老化を促進させる活性酸素を分解し老化を遅らせるという効能があります。
他にはカルシウムも多く含まれています。カルシウムは骨を丈夫にすることで有名ですがその他にも新陳代謝アップ成分であることはあまり知られていないのでは?北海道の青汁青汁畑の大麦若葉成分で新陳代謝をアップすることにより冷え性の改善やダイエット効果も期待できます。食物繊維も多く含まれているので便秘によるポッコリお腹にお悩みの方にも最適!鉄分も多いので貧血予防にもなります。健康と美容のイイトコ取りが出来てしまうのが青汁畑の成分のオイシイところです。
他に含まれている成分はビタミン類としてβカロチンが免疫力の強化と回復力を高める効果があり、風邪などにかかりにくくなりますしかかったとしても治りが早くなります。
疲労回復成分であると言われているビタミンB1 も豊富!そして美肌の味方ビタミンCもしっかり入っています。コラーゲンの生成に必須な成分でもあるビタミンCは肌荒れ防止にも役立ってくれます。
大麦若葉だけでもこれだけの効能があるのですが、北海道の青汁青汁畑の成分はこれだけではないのです!

北海道の青汁、青汁畑の青菜成分は他に3種類

青汁畑に入っている青菜成分は、先にあげた大麦若葉の他に

  • 生命力が強く、大麦若葉よりも栄養成分が多いとも言われている明日葉
  • ポリフェノールを多く含んだゴマ若葉
  • 万能素材と言われているアロエ

の3種類です。

明日葉とは

明日葉は伊豆諸島の名物となっていて昔から海岸沿いに自生していたそうです。伊豆諸島の住民が常食していて長寿だったことから別名「長寿草」とまで言われるほど!それもそのはず、成分を見てみると青汁にするのに最適と言っても過言ではありません。ビタミンE、βカロチン、カリウム、食物繊維等々枚挙にいとまがないほどです。こんなにスゴイ成分を持った明日葉も入っているのが北海道の青汁青汁畑なのです。

ゴマ若葉とは

ゴマ若葉はあまり耳慣れない方もいらっしゃるのではないでしょうか?その名の通りごまの葉の若葉なのですがゴマの成分を含んだ青菜で、ゴマ若葉をメインにした青汁製品も販売されているくらい栄養価の高い物です。様々な栄養素を含んでいますが特に注目したいのが良質なポリフェノールの抗酸化作用です。ガンや成人病の予防という健康面でのサポートやアンチエイジングといった美容面でのサポートをしてくれる成分がポリフェノールです。
βカロチンやカリウム、カルシウムも含まれていますので大麦若葉と併せて沢山摂取することが出来ますね!

キダチアロエとは

キダチアロエは「火傷に効く」ということで皆様御存知なのではないでしょうか?アロエ入りのヨーグルト等も販売されていますしつけてよし食べてよしな上に「飲んでよし」な万能青菜がアロエです。そんな万能成分を持ったものを北海道の青汁青汁畑に入れないはずがありません!
アロエにはなんと約200種類もの有効成分が含まれています。その中でもアロエ特有のものとして有名なのが「アロエイン」という便通を良くする作用を保つ成分「アロエエモジン」という胃腸の調子を整える作用を保つ成分です。他には多くのビタミン・ミネラル類も含むので健康管理だけでなく美容効果も期待できます。
今まで上げたように北海道青汁の主要な青菜成分だけでも健康と美容、両方への効果が期待できるものがたくさん入っているのです。これは試してみない手はないでしょう!

美容・健康成分も配合

北海道の青汁青汁畑には青菜成分だけではなく美容や体に良いと言われている成分も配合されています。今人気の成分であり、成分単体のサプリメントタイプで販売されている成分も計4種配合しています。

ビタミンC

美容のためのビタミンとして有名な成分です。細胞同士を結びつける役割を担うコラーゲンを生成するのに必要不可欠なビタミンなので、老化防止に効果のあるコラーゲンの影の立役者とも言えるでしょう。他に抗酸化作用もあるので健康面での活躍も期待できます。

コエンザイムQ10

抗酸化作用がとても強いことで有名な成分です。ガンや動脈硬化予防効果はもちろん、参加により老化した肌や血管などに若々しさを取り戻す手助けをしてくれるというとてもありがたい美容効果が期待できます。
また、エネルギーの源としても有名で新陳代謝をアップさせてくれる効果もある成分ですのでダイエットの効率が上がる可能性も高まります。

ヒアルロン酸

ハリのある肌を保つのに欠かせないのがコラーゲンとこのヒアルロン酸という成分です。この2つが皮膚の下でバランスよく保たれることにより肌の保湿力が持続し潤いとハリのある肌でいられるのです。
人間の体内に蓄えられているヒアルロン酸は40代からどんどん減っていってしまいますのでアンチエイジング効果を求めている方には保水力に優れたこの成分の摂取は特にオススメです。
またヒアルロン酸は肌だけではなく関節などでも重要な役割を果たしていますので、美容に気を使う女性だけではなく健康面に不安を持つ男性にもぜひ摂っていただきたい成分の1つです。

グルコサミン

関節痛や軟骨成分としてすっかりおなじみになったグルコサミンも北海道の青汁青汁畑の成分の1つです。骨と骨との間にあってクッションの役割を果たしてくれるのが軟骨です。その軟骨を生成するのに必要なのがグルコサミンという成分です。人体の中でも作られている成分ではありますが年令とともにその量は減少していきますので、不自由なく生活するにはどうしても外部からの補給が必要になってしまいます。
青汁畑は今までにあげた他の成分と一緒に1日コップ1杯でグルコサミンも補えるのでとても手軽で健康にも美容にも良いということがお分かり頂けたかと思います。

甘味成分と緑茶・抹茶を配合

北海道の青汁青汁畑の青菜成分、美容・健康成分に加えて毎日楽に飲み続けていただけるように少量のオリゴ糖を配合しました。オリゴ糖は一般の白砂糖のカロリーの約半分。その上腸内細胞のビフィズス菌を増やすという優秀な糖類です。
更に飲みやすいように日本人には馴染み深い粉末状にした緑茶と抹茶も配合しています。お茶の殺菌作用やカテキンの成分なども有名ですよね。
常温の水にもサッと溶けて粉末の残りがほとんどなく、大変飲みやすいので"健康のための飲み物である"ということを忘れてしまいます。ついもっと飲みたくなってしまうほど飲みやすいのが北海道の味る青汁畑です。
健康や美容に良い成分がたくさん入っている上に美味しいというのであれば、普段飲んでいるお茶やソフトドリンクから北海道の青汁に変えてみるというのもいいかもしれませんね。
まずはご自身でその効果と味をお試しになってみてください。
北海道の青汁 成分の記事一覧