健康 ウォーキング

多くの人が健康を考えて行っているウォーキングとは?
高齢化社会の世の中。自分の将来を考えると、介護さえしてもらえるかどうかもわからない時代となってきています。人に頼れる時代ではなく、自分の身体は自分で守らなくてはなりません。そのためには早いうちから自分に合った健康方法で健康に良いことスタートし、健康年齢を高めることが大切です。そんな健康方法の中でも幅広い年齢層の方が行っているのがウォーキングです。
ウォーキングとはただ目的無く歩く行為の事ではなく、健康維持や将来的に不安な生活習慣病、関節の病気などの予防・改善を意識して歩く活動・運動の事を言います。
ウォーキングは年齢や性別等一切関係なく、特別な道具を必要とせず、気軽に行えるのが最大のメリット。危険性も少なく、相手がいないと行えないものではないので、継続しやすい運動と言えます。しかしどうせ始めるのであれば少しでも効率よく、確かな健康効果を実感できるウォーキング方法を知りたいですよね。今回は健康維持に効果的なウォーキングの方法や健康に役立つ効果・メリットについてご紹介しましょう。

健康 ウォーキング

■ウォーキングによる健康効果について知りたい
健康に役立つと老若男女・年齢問わず愛されているウォーキングですが、このウォーキングの健康効果というのは実際どのようなものがあるのか、具体的なところが気になり、知りたいですよね。まずはウォーキングを行うことで期待できる健康効果の主なものを挙げてみましょう。
脂肪燃焼効果
適切なウォーキングを継続することで脂肪燃焼効果が期待でき、生活習慣病予防・痩せやすい体質改善効果も期待できます。ダイエットが気になる方にも最適です。
血糖値・血圧の安定効果
健康に良いウォーキングを行うことで代謝が良くなり、血糖値や血圧安定効果が期待できます。
骨を丈夫にし、骨粗鬆症予防効果
自分に合った健康的なウォーキングは骨にも良い刺激を与え、骨を強く、丈夫にしてくれます。骨が丈夫になるという事は骨粗鬆症予防効果も期待できます。
脳の活性化・認知症予防効果
適度で健康的なウォーキングは身体の血行だけでなく、脳の血行も良くし、活性化されます。多くの方が不安な認知症予防にも役立ちます。
精神安定効果
無理のない自分に合った健康的なウォーキングは快感ホルモンの分泌促進効果が期待できます。景色を見ながら、すれ違う人と声を掛け合うウォーキングは楽しいもの。前を見て快適に歩くことは、気持ちを安定させ、前向きにします。

健康 ウォーキング

■健康に役立つ効果的な方法とは
ウォーキングは身体に酸素を取り入れながら行う有酸素運動の1つ。健康を考えたウォーキングを行う際に何よりも大切なのは無理のない範囲で行い、継続することです。
ウォーキングの健康効果を最大限に発揮するためのおすすめのウォーキング方法は、きつすぎず、ゆるすぎない中強度で歩くこと。ゆったりのあまり歩くことを意識しない低強度の歩き方では効果が半減しますし、あまりきつい大股で激しい高強度な歩き方は身体や足を痛め、体調を悪くするなど逆効果になってしまう可能性があります。
中強度とはやや大股で会話が多少出来、うっすらと汗をかく程度の早歩きが目安です。胸で前を見るようなイメージで歩くと姿勢良くウォーキングすることが出来ます。

健康 ウォーキング

健康に良いウォーキングの歩数ってどのくらいなのか
ウォーキングを始めた人の中には、歩数を多くすればするだけ健康になると信じている方がいらっしゃいます。コツコツ真面目で一生懸命な方に多く、今日は1万歩、明日はそれ以上といつの間にか歩数にこだわり必死になってしまう方がいます。目標を持つ事は悪くは無いですが、これでは自分の体力以上、必要以上の運動量となり、無理がたたって足が痛くなる場合や、体調を崩す心配があります。
健康を考えたウォーキングで大切なのは年齢や体力に合った適正な歩数で行うことが理想的です。目安としては1日8000歩で中強度の早歩きを8000歩の内およそ20分程度行うのが良いとされています。
その時の体調や体力に応じて歩数を調整し、無理をせずに続けるようにしましょう。

健康 ウォーキング

■健康に良いウォーキングで気を付けること
健康に良いウォーキングを行う際は水分を必ず持ち、こまめに摂取を心掛けましょう。
日中歩く時にはタオル・帽子を用意し、紫外線が気になる方はUV対策もしっかりと行いましょう。健康のためのウォーキングは継続をすることが良いと言っても、毎日必ずウォーキングを行わなければならないという決まりはありません。体調が悪い時や暑すぎる時、雨の日などは無理をしない事。2~3日歩けない日があっても、その後また健康のためのウォーキングを続ければ問題ありません。歩けない時は家の掃除や洗濯などで身体を動かすようにするとよいでしょう。
あまりこうしなくてはならないといった決まりを作ってしまうと、健康のためのウォーキングがつまらなく、苦痛になってきてしまいます。良い意味で適度に、ほどほどにもう少し歩きたい程度で終わらせるようにすると長続きします。
飲みやすい青汁