飲みやすい青汁 子供

飲みやすい青汁 子供

子供も飲みやすい青汁で不足ビタミンを補いましょう
青汁は子供のビタミン補給にも有効です。現代は子供から老齢まで、どの年代でも野菜摂取量の不足が取り沙汰されていますが、意識的に野菜を摂れる大人と違い、子供は栄養バランスよりも自分の好きなものだけを食べてしまいます。
野菜が嫌いな子供の場合は、せっかく調理をして出しても結局食べずに終わってしまうというのもよくある光景です。どのように子供に野菜、中でも青臭さのある緑黄色野菜を食べさせたらよいものかと悩まれる親御さんも多くいらっしゃいます。特にそのような方にお勧めしたいのが、子供でも飲みやすい青汁です。
少し前までは、青汁と言えば、大人がまずいのをがまんして飲む健康飲料というイメージがありました。しかし、緑黄色野菜の栄養素を手軽に摂れる青汁を味わいのために利用できないのでは元も子もありません。弊社では、10年の歳月をかけて「飲みやすい青汁」をキーワードとした新しい青汁を開発いたしました。苦みを極力抑えて美味しさを追求した青汁畑は、子供の水分補給の際にお茶として飲めるような飲みやすい青汁です。このような商品開発の結果、お子様にジュースのかわりに「野菜を飲んでもらう」という選択肢も生まれています。

飲みやすい青汁 子供

青臭みの少ない野菜を使った飲みやすい青汁

青汁畑は、青汁の主体となる野菜に青臭さ、えぐみ、苦みが少ない大麦若葉を主体に使うことで飲みやすい青汁になっておいます。大麦若葉は、ビタミンミネラル食物繊維といった栄養成分が豊富ですが、子供の成長に特に必要とされているタンパク質も含んでいます。その他に、強い抗酸化作用を持つフラボノイドβカロテンを含む明日葉、栄養豊富でポリフェノールを多く含むゴマ若葉、健胃作用や便秘を防ぐ効果が期待できるキダチアロエなど普段はなかなか摂取することのできない健康野菜を取り入れています。これらの栄養成分はそのままに、苦みや野菜独特の苦みを取り除いてパックしていますので、従来の青汁が持つ青臭みはなくなり、ほのかな甘みと爽やかな香りを持つ子供でも飲みやすい青汁になりました。
一度飲みなれてしまえば、子供でも無理なく続けられる味を目指して作り出された、自信をもって勧められる飲みやすい青汁です。原材料には農薬や化学肥料の使われていない有機栽培の島根県産大麦若葉、同じく有機栽培された明日葉、国内産のキダチアロエ、ゴマ若葉を採用し、これらの原材料を基準のクリアした国内工場で加工しています。

飲みやすい青汁 子供

甘めに仕上げた子供でも飲みやすい味

青汁畑は、オリゴ糖や甘味料を微量に配合しているため、甘みがあり子供でも飲みやすい青汁です。青汁は継続して飲み続けることで効果が持続しますが、続けるためには美味しくなければいけないという信念のもとに、味にこだわり、甘みのある緑茶と抹茶の風味の飲みやすい青汁に仕上げました。
牛乳と混ぜて飲めば、クセのない抹茶オレのようで、野菜の匂いが残ることなく子供でもより飲みやすい青汁になります。また、青汁畑は粉末ではなく顆粒のため、水や牛乳に溶けやすく粉っぽさもなく、子供が飲むときにも自分でよく混ぜるだけで手軽に作ることができます。

飲みやすい青汁 子供

子供でも飲みやすいアレンジ方法
青汁畑はさっぱりとしていてお茶のように飲みやすい青汁ですが、野菜の色やイメージから拒否反応を示す子供もいるかもしれません。そのような場合には、より飲みやすくアレンジしていろいろな飲み方をお試しいただけます。定番の牛乳に混ぜる方法もおすすめです。クセがなくなり、コクのある抹茶ミルクのような味になります。
その他には下記のような組み合わせもあります。
野菜ジュースやフルーツジュースに混ぜる
スムージーのようで甘みも増し、より飲みやすい青汁になります。
ヨーグルトに混ぜる
ヨーグルトの酸味は青汁によく合います。また、合わせて乳酸菌も取ることができて栄養価もさらに上がります。
はちみつ・メープルシロップを加える
更に甘みが増して、甘いものが好きな子供にとって飲みやすいうえに、栄養価も上がります。
ホットケーキ・カレー・シチューに混ぜる
飲みやすい青汁でも抵抗のある子供には、定番のホットケーキに混ぜる方法が最適です。おやつのホットケーキや大好きなカレーやシチューに混ぜれば、青汁が混ざっていることに気づくことなく栄養価だけ取ることができます。
スポーツ飲料で割る
爽やかな緑茶の風味になり、スポーツ後や暑いときに水分補給の際にもさっぱりとして飲みやすくなります。

飲みやすい青汁 子供

子供が青汁を飲むメリット
野菜が嫌いな子供が多いのは、幼い体が本能的に、食物の苦み、渋み、酸味を避けているからです。味の他にも、食感や黒っぽい見た目で拒否感を抱いてしまう、噛み切りにくいので飲み込めないなどの理由も考えられます。
このように小さな子供が野菜を苦手とするのはある意味で自然なことで、成長に従い野菜嫌いを克服していくことも多くありますが、それまでの間のビタミン不足が心配されます。栄養バランスを考えて、無理矢理に野菜を食べさせて戻してしまったり、逆にもっと嫌いにしてしまったりという苦い経験をする親御さんもたくさんいらっしゃいます。そんな時に、無理なく野菜を食べる練習をしながら、飲みやすい青汁をビタミンの供給源として使えば、大人も焦ることなくゆっくりと子供の野菜嫌いに向き合うことができます。
また、青汁は様々な食材に混ぜ込みやすいため、そのまま飲むことが苦手でも食べさせる方法が様々にあります。子供は食べなれないものを受け入れないので、少量から少しずつ青汁に慣らしてゆき、牛乳で割ったものなどその子供が飲みやすい青汁のアレンジを見つければ、楽に栄養を摂取させることができます。その際には、子供の好みに合う飲みやすい青汁を選ぶとよいでしょう。
飲みやすい青汁


Twitterでフォローしよう

おすすめの記事