続けやすい青汁

続けやすい青汁

忙しい現代人は、自身の健康状態をメンテナンスする時間も惜しいほど。できるだけ手軽に体に良い習慣を手にしたいと思い、健康食品を生活に取り入れようとする方が多くなってきています。
しかし、今までに「サプリメントや健康食品を買ったはいいものの、習慣にならずに途中で投げ出してしまった…」という経験はありませんか?せっかく購入したのに途中で味に飽き、飲むことが苦痛になってしまうといくら自分の体のためと思っても結局は投げ出して途中で飲むことをやめてしまいます。自分に合った青汁を選ぼうとしているあなたに伝えたい一番のポイントは、その青汁が「続けやすい青汁かどうか」です。今回は、続けやすい青汁のポイントをご紹介します!
続けやすい青汁は、簡単!
最近では、青汁にも様々な形状の商品が出てきています。昔は粉末タイプがほとんどでしたがパックに入ったジュースタイプや錠剤・ゼリーになっているものなど様々です。続けやすい青汁は、ご自分が用意しやすい「簡単さ」を考慮してみるとストレスが無いですよ。粉末タイプは水で溶かすだけで飲むことができるので、お出かけ中でも1包持っていればササっと飲むことができます。しかし、中には溶けにくく、専用のシェーカーでシャカシャカ溶かす必要がある商品もあります。専用の道具が必要だと洗い物が増えてしまうし、出先では荷物が増えたり手間がかかるのでなかなか気軽に飲むことができません。
ジュースになっていると、ストローを刺すだけで飲むことができますが味の変化が無いので飽きやすい傾向があります。そこで、毎日のジュースに混ぜてみるのはいかがでしょうか。味の変化もあるため飽きることなく、さらに青汁畑の場合は粉末ではなく顆粒タイプの青汁になっているため溶けやすさにおいても大変便利が良いと言えるでしょう。錠剤タイプを購入するときには1日に何錠をどのタイミングで飲むかをしっかり確認してみてください。1日1回飲むか、2回飲むかで負担のかかり方が変わってきます。また錠剤の場合、水を常備しておかないと飲めないという点においてデメリットです。
ゼリータイプになっている青汁はコンパクトでそのまま口にすることができるので一番お手軽ではありますが、少々値が張るものがほとんどです。メリットを一つあげるとするならばおやつ感覚で楽しむこともできるという点でしょうか。青汁にはいろいろな形状があるのですが、どれも一長一短です。ご自分のライフスタイルや性格に合わせて選ぶことも、続けやすい青汁を選ぶときのポイントになります。
続けやすい青汁は、お値打ち!
長く付き合うからこそ、高すぎる健康食品では長続きできません。続けやすい青汁は、長期間お金を出し続けていけるような価格帯の中から選ぶことをお勧めします。いくつか青汁の候補を絞った時、それぞれの商品の1日当たりの費用を計算してみて自分の予算に近いものを選ぶと良いのではないでしょうか。「特定保健用食品(トクホ)」の認証をとっている商品は、臨床実験がなされて体になんらかの健康効果があることが証明されている商品です。健康効果が証明されている商品は割高になりがちですが、トクホ以外の青汁が効果が無いのかと言うとそうでもありません。
トクホの認証をとるための臨床実験には、多額の費用が掛かります。大手企業はそのような費用をねん出できるのですが、小さな会社ではそれが難しいのが現状です。トクホとして認めてもらえないわけではなく、良い商品でも「トクホをとるお金がない」というのが正直なところなのです。トクホにこだわらず色々な商品を試してみると、ご自分の続けやすい青汁に出会える確率もUPしますよ!
続けやすい青汁は甘くない!
最近芸能人の間で持てはやされているスムージータイプの甘い青汁。飲みやすく、健康・ダイエット効果もありそうで「これなら続けやすい青汁だ!」と感じる情報が多く出回っています。確かに、甘くて飲みやすい商品なのですが、ジュースやスムージータイプの甘い青汁には「飽きやすい」という罠が隠れています。
また、食事の時に一緒に飲もうとすると、特有の甘さが料理の味を邪魔しかねません。甘みが付いていない水に溶かす青汁なら、和洋選ばずお茶感覚で食事と一緒に飲むことができます。味が付いていない商品だと、お菓子作りの時に素材に混ぜ込むことができますし、ヨーグルトや牛乳に混ぜて味の変化を楽しむこともできます。「続けやすい青汁=甘くておいしい青汁」というわけではなく、どんなシチュエーションでも習慣的に飲むことができる水やお茶感覚の青汁を選ぶことがおすすめです。
続けやすい青汁は定期配送!
ご自分にとって続けやすい青汁を選ぶことができれば、あとは定期的に注文をして飲み続けるだけ。しかし、追加注文をうっかり忘れて品切れ状態になってしまうことがあっては、せっかくの続けやすい青汁も続けることができなくなってしまいます。
残りが少なくなってきたところですぐに注文ができれば良いのですが、物覚えに自身が無い人や注文することが面倒だという人にはタイムリーに注文することが難しいですよね。そういう場合は定期的に送ってくれるシステムがある会社から購入すると安心ですよ。
注文のし忘れを防げるだけではなく、定期便や3か月単位のおまとめ便で購入していると、お値段も割安になる場合がほとんどです。飲みやすさや値段だけではなく、注文のしやすさや再注文がスムーズかどうかも続けやすい青汁のポイントですね。
焦らずゆっくり選びましょう!
続けやすい青汁選びのポイントはお分かりいただけましたか?味や注文しやすさなどを総合的に判断して、是非ご自分にとって続けやすい青汁選びの参考にしてみてください。
「継続は力なり」と言うように、何においてもめげずに続けていくことが、結果につながる重要な要素です。未来の健康を手にするために、じっくり慎重に続けやすい青汁を選んでみてはいかがでしょ
飲みやすい青汁


Twitterでフォローしよう

おすすめの記事