青汁畑と青汁各社を飲み比べ

青汁 飲み比べ

青汁畑と青汁A社
青汁はマズイというイメージはすでに過去のものとなり、今や数々の青汁が世に送り出されています。その中で色んな青汁を飲み比べてみて、毎日飲み続ける青汁をどれか一つに決めるとしても、あらかじめ分かりやすい特色を持っているものでなければ、そもそも飲み比べる青汁に選ばれることすらありません。
そんな空前の青汁戦国時代の中で、しっかりと差別化を図り、青汁としての特別な色を持った青汁畑と青汁A社を飲み比べてみます。厳選した成分により健康から美容へと繋げる鋭い攻め口を持った青汁畑。抜群の栄養バランスを誇り、健康面の守備範囲がとても広い青汁A社。ただ楽しく飲み比べるつもりが、つい脳内で対決の構図にしてしまうほどきっぱりと特色が分かれました。

青汁 飲み比べ

青汁畑と青汁E社
平成が始まったばかりの1990年、「う~んまずい、もう一杯」というあの衝撃的なCMによって日本中で始まった青汁ブームは、ひとまず「まずい」というイメージから出発することになりました。その後、青汁を製造している各企業の血のにじむような努力によって、青汁は苦くないというレベルに押し上げられました。さらに八名信夫に続く様々なタレントたちが出演するCMによって、「まずい・苦い」というイメージも次第に取り除かれ、今や青汁はまずいものではないという認識が広まりました。
しかし、そこまででした。青汁のイメージは「まずい・苦い」を脱することに成功しても、飲み物として「おいしい」段階には届いていないというのがこれまでの常識でした。その壁を突き破り、青汁に新しい未来を切り開いたのが、青汁畑です。そんな青汁畑を、青汁E社製品との飲み比べを交えながら詳しくご紹介していきます。

青汁 飲み比べ

青汁畑と青汁S社
苦くない、不味くない、美味しくて飲みやすい。これが、かつて青汁が持っていた負のイメージを払拭して手に入れた、新しい青汁の一般的なイメージです。しかし、具体的にどう美味しいのか、という点についてはあまり聞いたことがありません。飲みやすさを称賛する声は全国各地に轟いているのに、肝心の味の詳細に言及したものはほとんど耳に入ってこないのが現状です。今回飲み比べてみる青汁畑と青汁S社についても同様です。
「もしかして青汁が美味しいって言う人達ってさ、『マズい』っていうイメージがあったものをいざ飲んでみたら、全然まずくないし、苦くもないもんだから、その落差を美味しいと勘違いしちゃってるんじゃないの?」という残酷なイメージがつく前に青汁はどんな味なのか。美味しいという言葉と一緒に、美味しさの具体的内容も伝える必要があります。
そんな青汁の今後を左右するかもしれない、はっきりとした『味』を持った青汁畑と青汁S社製品を飲み比べてみました。青汁畑はどんな味で、青汁S社はどういう味なのか、両製品を飲み比べて味をはっきりとさせます。

青汁 飲み比べ

青汁畑と青汁M社
青汁に限らず、緑茶や炭酸飲料など、同じ種類の飲み物を飲み比べるときに判断材料となるのは、値段以外では「好み」の一点だけだと思います。どっちも好き、が成立するのは往々にして違う種類の飲み物の場合で、緑茶ならこの商品、炭酸飲料ならあの商品というように、人それぞれ飲み物一種類につき一番好きな味が決まっているはずです。
しかし、今回飲み比べた青汁畑と青汁M社は、あまりの味の違いから、そんな定石を覆す感想を生み出しました。現代の青汁は甘くなきゃイカン、と苦みのある青汁を遺憾に思っていた自分に、青汁畑と青汁M社は新しい考え方をもたらしてくれました。
そんな青汁畑と青汁M社の飲み比べの感想を詳しくご紹介したいと思います。

青汁 飲み比べ

青汁畑と青汁T社
青汁は毎日の食生活の中で不足しがちな栄養素を補ってくれます。それはつまり、野菜はたくさん食べられないけど、健康を維持するための栄養だけはしっかりと取りたいという、我々のある種ワガママにも近い願望を叶えてくれるということです。しかし、それでいいのです。例えワガママから始まったことでも、よりよい生活のために生み出されたのが青汁です。加えて、そもそも野菜が嫌いで食べられない方であっても飲めるのもまた青汁です。野菜嫌いの人が青汁を飲むというのは、ちょっと前までなら絶対にありえなかったことですが、現代の青汁にはそれが可能なのです。
そんな現代の青汁、青汁畑と青汁T社を飲み比べてみます。野菜だけでは補えない多彩な栄養素を含んだ青汁畑と、使用する食材を限界まで細かく砕いて余すところなく栄養素を注ぎ込んだ青汁T社。成分をとことんまで追求しながらも、野菜が嫌いな人でも飲めるような美味しさにも気を使った青汁畑と青汁T社を、飲める、飲みたいという観点から飲み比べます。自分史上かつてないほど気合を込めた飲み比べの開始です。
飲みやすい青汁


Twitterでフォローしよう

おすすめの記事