青汁畑と青汁M社を飲み比べ

青汁 飲み比べ

■青汁畑と青汁M社

青汁 飲み比べ

青汁に限らず、緑茶や炭酸飲料など、同じ種類の飲み物を飲み比べるときに判断材料となるのは、値段以外では「好み」の一点だけだと思います。どっちも好き、が成立するのは往々にして違う種類の飲み物の場合で、緑茶ならこの商品、炭酸飲料ならあの商品というように、人それぞれ飲み物一種類につき一番好きな味が決まっているはずです。
しかし、今回飲み比べた青汁畑と青汁M社は、あまりの味の違いから、そんな定石を覆す感想を生み出しました。現代の青汁は甘くなきゃイカン、と苦みのある青汁を遺憾に思っていた自分に、青汁畑と青汁M社は新しい考え方をもたらしてくれました。
そんな青汁畑と青汁M社の飲み比べの感想を詳しくご紹介したいと思います。

青汁 飲み比べ

■飲み比べる前に

青汁 飲み比べ

飲み比べる前に粉末から比べてみようと皿に開けると、まず見た目から対照的です。緑野菜をそのまま粉末にしたような濃い緑色をしている青汁M社に対し、緑野菜と果物を混ぜたような黄緑色の粉末の青汁畑。また匂いの点でも、野菜そのものに鼻を近づけている気分になるような存在感の青汁M社と、控えめな香りの中にほのかに甘い匂いが混ざる青汁畑という構図。
粉末を舐めてみると、青汁M社はやっぱり野菜を細かく砕いたものという感じですが、粉末の青汁らしさから一転、途端に茶葉のような豊潤さが口の中に広がります。その後に青汁畑の粉末を舐めると、反動から尋常ではないくらい甘く感じます。あまりの甘さに「あれ、これ青汁だよな」と、自問してしまうほどで、夢中になって何度も舐めてしまいました。
粉末の時点で互いに面白いくらい対照的で、肝心の飲み比べに入る前に粉末をかなり舐めて減らしてしまいましたが、まだ舐めたい衝動を抑えて、本題の飲み比べに入ります。

青汁 飲み比べ

■飲み比べてみた

青汁 飲み比べ

まずは青汁M社から。粉末の時の香りと風味は水に溶けてさらに強くなり、飲み込んでからも残り続ける後味、どれをとっても完全に緑茶のそれで、市販の緑茶というよりも急須で入れたお茶のような高級感があります。野菜臭さは若干しますが、それも美味しさと思えるほどで、この美味しさを理解できることを誰かに自慢したくなるような大人の青汁です。
次に青汁畑と飲み比べてみると、クセのないスッキリした飲み口の後に、果実のような独特の甘い後味が残り、こちらもまた知人の女性たち全員に「青汁が甘いぞ」と吹いて回りたくなる青汁です。青汁畑を飲んだ後に青汁M社と飲み比べてしまうと、さっきまでの豊潤な風味が苦いとさえ感じてしまうほど甘く、逆に青汁M社を飲んだ後だと、青汁畑のクセのなさに肩透かしを感じてしまいます。互いに味の種類が違うため、飲み比べの相手としては相性が悪く、互いに互いの良さを潰し合ってしまっています。同じ青汁でもここまで違うものかと、素直に驚かされました。

青汁 飲み比べ

■明日葉

青汁 飲み比べ

青汁畑と青汁M社が互いの主張をぶつけ合うという、心の痛む飲み比べを通して分かった味の違いには、成分の違いが大きく関係しています。青汁M社は明日葉をまるごと使い、さらに明日葉と配合することで相乗効果を発揮する素材を選んだ「明日葉御前」的な成分となっています。続けることで、健康だけでなくダイエット効果も期待できるようです。
一方、飲み比べた青汁畑は、大麦若葉を中心にキダチアロエやヒアルロン酸など美容に効果のある成分を含み、健康やダイエットはもちろん、モチモチの肌やシミ対策も期待できるなど、「女性御前」的な青汁となっています。女性が喜ぶ成分を集めた点こそ似ている青汁畑と青汁M社ですが、成分や配合に対する考え方はスッパリと分かれており、そのことが飲み比べで分かった同じ青汁とは思えないほどの味の差を生み出している原因となっているようです。

青汁 飲み比べ

■青汁としての敷居の高さ

青汁 飲み比べ

対照的な味のため飲み比べは難航しましたが、時間をかけて何度も飲み比べる中で、単純な好みではなく、青汁畑と青汁M社の「敷居の高さ」という点に思い至りました。ピーマンやニンジンなどのクセのある野菜、コーヒーのような苦い飲み物など、大人になって美味しさを理解できるものと同様に、青汁M社の味は青汁初心者が飲むには少しハードルが高いのではないかと思いました。また美味しさを理解した身だからこそ、野菜が嫌いな人には決して続けることはできないだろうなという思いも沸いてきました。せっかく美味しいのに。
その点青汁畑は、野菜をほとんど感じさせない甘くてスッキリとした飲み口で、野菜が嫌いな大人、また野菜が苦手な子どもでも気軽に飲めます。その親しみやすさと敷居の低さを例えるなら、さしずめ青汁界のドラ〇もんといったところで、青汁畑と青汁M社、家族みんなで楽しく青汁を飲んでいる光景を想像できるのは、やはり青汁畑の方だと感じました。
青汁畑と青汁M社、味の種類は対照的でしたが、どちらの味のタイプも自分にとって好きな味だったため、「自分はこっちが好みだな」というふうに選べない、貴重な飲み比べ体験になりました。
飲みやすい青汁


Twitterでフォローしよう

おすすめの記事