冷凍青汁と粉末青汁ってどう違うのか

冷凍青汁と粉末青汁ってどう違うのか

冷凍青汁と粉末青汁との具体的な違いを知りたい
連日テレビCMや数々のテレビ番組で健康・美容に良い飲物として多くの人に支持され、愛飲されている青汁には大きく分けて2つの種類があります。液体の青汁を真空パックの袋に入れて冷凍にした冷凍青汁と、粉末加工しお水に溶かして飲むタイプの粉末青汁とがあります。この二つにはどんな違いがあり、どちらを選ぶのが良いのかよくわからないという方は多いと思います。どちらも品質の良いメーカーの青汁であれば栄養豊富で健康面や美容面・運動面において良い影響を与えてくれるという点は共通して言えることと思います。では具体的に冷凍青汁と粉末加工された粉末青汁って何がどう違うのか、その違いをそれぞれ挙げてみましょう。
冷凍青汁は作り立ての青汁そのものを加工処理せずパックなどに入れて急速に冷凍した青汁商品。最近では冷凍技術も向上しているため、鮮度の良い状態を保ったまま、冷凍することが出来るだめ、解凍後すぐに飲めば作り立てとほぼ変わらない鮮度と青汁の栄養素を摂取することが出来ます。粉末青汁はフリーズドライ製法で出来たものと顆粒タイプがありどちらもほとんどの商品が1回分ずつ個包装されている状態となって販売されています。コップに注いだ1杯の青汁となるまでは、フレッシュ青汁を冷凍したものと粉末加工した青汁とでは作る手間に大きな違いがあります。さらに水溶性食物繊維の量を比較した場合は、出来立ての青汁を即冷凍した青汁の方が多く含まれている商品が多いと言えます。

冷凍青汁と粉末青汁ってどう違うのか

冷凍青汁の魅力的な点と気になる点
青汁を即冷凍パックされた青汁と粉末でお水に溶かす青汁はどう違うのかをいくつかご紹介しましたが、この二つの青汁の魅力的な点と気になる点を比較してみてもそれぞれに違いがあります。まずは冷凍青汁の魅力的な点と気になる点の主なものを挙げてみましょう。青汁を即冷凍パックした青汁の最も魅力的な点は鮮度が高い事。この青汁の場合は作った後加熱処理などはせずに、生の状態、作り立ての青汁そのままを急速冷凍しているため、水で解凍するだけ鮮度の高い青汁が味わえます。水に溶かして出来る粉末の青汁と比較すると青汁を即冷凍パックしたものは味の調整などもされてないため素材の味そのものの味をダイレクトに得ることが出来ます。栄養価も高く、青汁に含まれる野菜の栄養分を効率よく摂取することが出来ます。

気になる点は購入後に冷凍保存をしっかりとしておかなければならない事。まとめて購入すればかなりの場所の確保が必要となります。また、冷凍されているという事は解凍しなければならないので即飲むことが出来ない事。電子レンジや熱湯で解凍してしまうと風味だけでなく、栄養価を下げてしまう場合もあります。解凍したらすぐに飲まなければ品質も変化してしまう可能性もあるため、持ち運びも出来ません。

出来立てを即冷凍パックした青汁は新鮮でダイレクトな味を楽しめる分、水にさっと溶ける粉末青汁との大きな違いは青汁としてのむまでに手間と時間がかかる事です。さらに冷凍で届けられるというのは大量生産が難しく、コストも高くなりがち。送料なども大きくかかるので金額的にはさっと水に溶けてすぐ飲める粉末の青汁よりも冷凍パックの青汁の方が高めです。また、解凍した青汁そのものを飲むのではなく、牛乳や豆乳などに混ぜるといったアレンジして青汁を飲みたいとなると冷凍パックの青汁のアレンジはかなり難しいと言えます。

冷凍青汁と粉末青汁ってどう違うのか

粉末青汁の魅力的な点と気になる点
冷凍青汁と粉末青汁の違いを良く理解するため、冷凍青汁だけでなく粉末青汁の魅力的な点と気になる点も挙げてみましょう。粉末タイプの青汁の魅力的な点は保存がきき、持ち運びができること。お水がとコップがあればどこでも気軽に青汁を飲むことが出来ます。また、価格も冷凍青汁と比較すると安く、コンパクトなので場所を取ることもありません。青汁を即冷凍した青汁と粉末にして水にとかす青汁では賞味期限にもかなりの違いがあり、粉末青汁の方は長期保存が可能です。
さらに飲みやすさを比較しても冷凍の青汁と粉末の青汁とでは粉末の青汁の方が圧倒的に飲みやすいと言えます。粉末青汁は北海道の青汁畑といったお茶を飲むような感覚で飲め、抜群に飲みやすい青汁も販売されています。アレンジ性に欠けても粉末青汁は料理やお菓子作りなどにもさっと混ぜ込むことが出来、水以外の牛乳や豆乳などにもさっと溶けるので楽しくアレンジすることができます。
気になる点としては、近年飲みやすさを重視した青汁が多いことから、ダイレクトに野菜そのものの味わいを求めるのであれば、冷凍青汁をおすすめします。さらに水溶性食物繊維を重視したいという場合にも冷凍青汁の方が水溶性食物繊維を多く含んでおり、大きな差はないですが、粉末青汁の方が多少劣ると言えます。

冷凍青汁と粉末青汁ってどう違うのか

冷凍青汁と粉末青汁の違いを比べてみて、自分に合うものを選ぶ
液体の青汁そのものを冷凍した冷凍青汁と、粉末を水に溶かして飲む粉末青汁はそれぞれに良い点。気になる点があるのがわかりました。どちらを選ぶと良いのかというのは選ぶ方によって価値観や重視する点が違うので断言することは出来ません。飲みやすい青汁・手軽さ・価格面を重視するのであれば粉末青汁の方が良いですし、鮮度の高い野菜の味わいを楽しみたい・重視したいという場合は出来立ての青汁を即冷凍した青汁を選ぶ方が良いでしょう。
栄養価や品質に関しては含まれている原料やメーカーによっても違いがあるので、どちらの青汁を選ぶ際にも1つのメーカーだけでなく、いくつかの評価と知名度の高いメーカーの商品を比較し、自分がこれだ!と思う自分に合った青汁を選ぶようにしましょう。どの青汁も購入する際はいきなりまとめて購入せず、まずはサンプル品や初回のお得なお試し購入などで自分に合う青汁かどうかを試してみましょう。
味が合い、続けられそうな青汁であると実感できたら、定期購入を利用すれば通常よりもお得に購入でき、定期的に商品が確実に届くのでうっかり購入し忘れなどの心配がありません。
飲みやすい青汁


Twitterでフォローしよう

おすすめの記事