健康 食事 献立

健康を考えた食事作り・献立作りであまりにも悩み過ぎてしまい、自分の健康が損なわれてしまうのではないかと頭を抱えてしまう方もいます。そこで今回は出来るだけ簡単に健康的な食事の献立を立てる方法や、頭を悩ませずバランスの取れたおかずを作る方法などをご紹介していきましょう。

健康 食事 献立

健康を考えた食事作り・献立作りって頭が痛い
高齢化社会突入で自分だけでなく家族全員で健康年齢を高めることを話し合い、実践することは大切な時代となってきています。適度な運動を心掛けること、規則正しい生活をすることなど健康年齢を高める方法には色々なものがありますが、その中でも健康を考えた食事を3食きちんと摂るという事は大切な方法の1つです。
しかし、それはわかっていても、家族の食事を作る・献立を作る主婦にとっては簡単な事ではありません。食事というのは毎日欠かせないものですし、朝・昼・晩と献立を考えなければならず、予算も限られています。食事を作るという事は好きだけど献立を考えるというのは苦手という方は意外と多く、毎日頭を悩ませている主婦の方は沢山います。特に子供だけでなく高齢者も一緒に暮らしている家庭では、まったく同じ献立という訳にはいかないところもあるからです。

健康 食事 献立

あまり細かく考えず、1日トータルで健康的な食事の献立となるようにする
まずは健康を考えた食事作り・献立作りをあまり細かくこだわらないようにしましょう。1日3食すべてにカロリーや栄養バランスなどを完璧にしようとすると献立や食事を作る側が疲れてしまいます。1日3食トータルしてある程度バランスがとれていればOK。日によっては多少偏っていても次の日にそれを補うようにすれば問題ありません。献立作りの目安として便利なのは「まごはやさしい」という言葉。これは日本で昔から親しまれている食材の頭文字を合わせた言葉で、一日の食事の中でこの食材を加えるようにすれば健康的でバランスの良い健康的な食事の献立を立てることが出来ます。
「まごはやさしい」の「ま」は大豆や大豆製品・それ以外の豆類の事。大豆は畑の肉と言われており、良質なたんぱく質を摂取することが出来ます。「ご」はゴマや銀杏、ナッツ類など、「わ」はわかめや海苔、昆布、ヒジキなどの海藻類、「や」は野菜類全般を指しています。「さ」は魚類全般、「し」は椎茸やシメジなどのきのこ類、「い」はサトイモやジャガイモ、サツマイモ、山芋などのイモ類の事を言います。まごははやさしいという言葉を覚えただけで家にある食材に何が今足りないかもさっとわかるようになり、健康的な食事作りと献立作りが楽になります。

健康 食事 献立

旬のものを活かす
健康的な食事作り・献立作りを考える際には魚類や野菜類、果物類などは旬のものを使用するのがおすすめ。旬のものというのはその季節、その時期に一番必要な栄養を一番おいしく食べることが出来、価格的にも一番安く手に入れることが出来ます。
多少同じ素材が続いても、調理方法を変更するだけで飽きることはありません。ゆでたり蒸したりした野菜の調理方法をしたら、次は炒めたり、煮込んでみたり。最近では材料と混ぜ合わせるだけで簡単に美味しい料理が出来る合わせ調味料や料理用ソースなどが売られているので積極的に利用してみるのもおすすめです。

健康 食事 献立

献立アプリやサイトを上手に活用する
最近で健康な献立がすぐに決められ、無料でダウンロードできる献立アプリやサイトが人気となっており、献立作りに悩んだ時に大いに活用できるものが増えています。しかも献立作りだけでなく、カロリー計算も簡単にでき、料理の作り方もわかるという優れもの。多少アプリが教えてくれる健康的な食事を目的とした献立が家族や自分に合わないメニューであったとしても必ずしも真似る必要もなく、家庭に合うように多少アレンジすればOK.大いに活用することが出来ます。
毎日の事はなるべく楽な方がよいもの。色々な無料の献立アプリがあるので時間があるときに比較検討して、簡単に楽しく出来そうなものを選び、早速チャレンジしてみましょう。
健康を考えた食事作り、献立作りが苦ではなくなります。

健康 食事 献立

沢山の栄養が1皿・1品で摂れる料理が便利
健康を考えた食事は沢山のおかずを作らなくてはならないと考えると献立作りや食事作りがとても面倒になってしまうもの。そんな時は考え方を変えて1皿・1品でもかなり多くの栄養が摂取できる健康料理を作れば簡単です。例えばお肉やお野菜、果物、豆類などを豊富に加えたカレー、沢山の野菜を加えて煮込んだポトフやシチュー、野菜や海藻類、豆類を沢山加えて煮た煮物、具が一杯のチャーハンや炊き込みご飯、ドリアやグラタンなどもおすすめです。また、それでも栄養が不足している部分があれば健康な食事をサポートしてくれる健康サプリメントや青汁、野菜ジュースなどをプラスすると献立作りも楽になります。
サプリメントや青汁、野菜ジュースを選ぶ時は品質の良い、確かなメーカーの商品を選ぶと安心です。
飲みやすい青汁


Twitterでフォローしよう

おすすめの記事