飲みやすい青汁

青汁畑がより一層美味しくなるアレンジレシピ

カラダに良いだけでなく、今人気のグルコサミンやヒアルロン酸などサプリメントも同時配合した飲みやすい青汁をさらに美味しく飲む&食べる簡単アレンジレシピをご紹介します。一昔前までは高年齢層の方からの支持が多かった青汁ですが、近年では20代や30代の若い層からの指示も多く集めるようになってきております。
しかし青汁は所詮青汁ですから、簡単に言えば野菜を絞ったジュースです。よく目にするインターネット広告や折り込みチラシに書かれている”野菜嫌いでも飲みやすい青汁”とか” 青臭さがなく飲みやすい青汁”など本当のところはどうなのだろうか?と、あと一歩が踏み出せずにとどまってしまっている人も中にはいるのではないでしょうか。そんなアナタに飲みやすい青汁を、さらに、もっと飲みやすい青汁に大変身させる簡単アレンジレシピをご紹介いたしますのでぜひ参考にしてみてください。
豆乳or牛乳
+青汁畑
青汁を飲みやすくするための代表格とも言えるのが、豆乳もしくは牛乳に青汁を加えて、抹茶ミルク風味に変身させるアレンジレシピです。多くの人が実践しているということもあり、万人受けのレシピともいえるでしょう。
しかも!牛乳や豆乳自体もカルシウムがとれたり、豆乳にいたってはガン予防とも言われるイソフラボンを青汁と同時に摂取することができるので一石二鳥です。今まで水やお湯などで溶かしている人にはぜひ一度お試しいただきたい飲みやすいアレンジです。
フルーツジュースor野菜ジュース
+青汁畑
若い人が多く実践しているのがコレ!フルーツジュースや野菜ジュースに青汁を加えることにより"青汁"というよりは"グリーンスムージー"にちかい味わいに大変身!市販のフルーツ、野菜ジュースは味のバリエーションも豊富なので毎日違った味わいで飲めるのも嬉しいですね。
飽きやすい人や、今まで続けるのが難しいと思っていた人にもこれなら続けやすいのかなと思います。さらに!味の調整をしていない100%のフルーツ、野菜ジュースに混ぜればGood☆
バニラアイスorヨーグルト
+青汁畑
青汁は飲み物だと思っていた人必見。最近は”食べる青汁”としても密かに人気を集めています。三時のおやつのときに、朝食のお供に、小腹が空いたときに、と様々なシーンで活躍してくれます。
特にバニラアイスに青汁畑をふりかければ、市販の抹茶アイスより美味しいかも!なんて言う人もいるほどです。お子様のいるご家庭ではヨーグルトに混ぜるのがオススメです。さらに、はちみつやメープルシロップを加えるとより一層食べやすくなります。
クリームシチュウ
+青汁畑
飲みやすい青汁が食べやすい青汁に大変身。青汁で夕食が一品できちゃうのです。それもたったの一手間でできちゃうのですから、こんな良い話はないですよ。普段作るクリームシチュウに青汁を混ぜるだけで良いのです。
お店ででてくるお洒落なグリーンシチュウがおうちでこんなに簡単に作れます。今まで葉野菜をミキサーにかけてグリーンシチュウを作っていた人には一度試してみてほしい青汁アレンジレシピです。美味しく食べられて調理の時短にもなるので一石二鳥ですよ!
緑茶
+青汁畑
普段の水分補給にプラスするだけの、簡単飲みやすい青汁アレンジです。温かい緑茶や、市販されている冷たい緑茶に青汁畑をプラスするだけです。500mlのペットボトルなら1~3本お好みの分量を溶かすだけでOK!
お仕事中の水分補給に、昼食のときに、お出掛けのお供に、といつでもどんなときでも水分補給をするときにすっきりと飲みやすい青汁なのでオススメアレンジです。飲むときその都度溶かす必要がないのでお忙しい人に好評です。
以上の5種類の飲みやすい青汁アレンジレシピをご紹介させていただきましたが、皆さまのお好みレシピはみつかりましたか? 私自身は「その2.フルーツジュースor野菜ジュース+青汁畑」が一番気に入っております。毎朝100%のフルーツジュースに青汁を加えて飲んでいます。甘いものが好きなのでジュース感覚で飲めるこのアレンジレシピはかなりオススメです!3種類くらいのフルーツジュースをストックしているので、毎日の気分で味を変えながら楽しめるのもポイント高いですよ!
”青汁はまずい”と思っている人は、もう時代遅れ。世間で青汁のイメージを聞けば「まずい」とか「青臭い」とか「罰ゲームで飲まされてるやつだよね」などあまり良い噂を聞いたことがないのは、今や昔の話。現代社会においての青汁のイメージは「身体に良い飲み物」とか「飲みやすい」とか、むしろ「美味しい」とまで言う人がどんどん増えてきました。そのことから、この数年間で青汁がどれほど飲みやすいものになったのかということがうかがえます。
青臭さの原因は「ケール」にあります。栄養価の高い野菜として知られるケール。これが青汁の青臭さの原因の一つと言っても良いほどです。しかし意外にも栄養面で注目されているケールだが、実際のところ栄養価を他の青汁成分と比較してみるとカロテンやビタミンK、野菜成分でもある食物繊維などはケールよりも明日葉のほうが100g中に含まれる成分量としては多いのです。そんな栄養面から見てもケールに勝る明日葉を青汁畑に加えることにより、バランスの良い栄養を摂取しながら飲みやすい青汁を実現しました。
抹茶と緑茶でさらに飲みやすい青汁に!青汁畑は青野菜成分として、大麦若葉、明日葉、キダチアロエ、ゴマ若葉と4種のブレンド配合です。これらだけでは味わいに少し物足りなさを感じてしまいます。そのため日本人なら誰もが好きな抹茶と緑茶を味付けに絶妙なバランスでプラスしました。その際に青野菜独特の苦味をしっかり取り除き、大切な野菜成分のみそのまま残すことに成功し、緑茶風味ですっきりと飲みやすい青汁を作ることができました。
青汁なのに、さらに飲みやすく。これ本当に青汁なの?!待ってました、そのお言葉。そうです。青汁畑は青臭さのみ取り除き栄養はそのまま残すことに成功し、青汁なのに、さらに飲みやすい青汁を実現することができました。そのため一般的な青汁の飲み方とされる水や白湯に溶かすだけでなく、おやつやお料理に加えて使うことができます。飲むだけでなく食べることができるのです。今までなかった”食べる青汁”をぜひ一度体験してみてはいかがでしょうか。きっと誰もが食べやすさ、そして使いやすさに驚くことでしょう。
のみやすい青汁|青汁畑
1,000円(税込)|初回限定
オンラインストアなら全国送料無料でお届けします
購入する

飲みやすい青汁青汁畑