青汁の栄養|飲みやすい青汁

飲みやすい青汁の栄養について
飲みやすい青汁と聞いて思うこと。「飲みやすい青汁はいいけど栄養はどうなの?」 こんなことを思った人はいませんか。決して飲みやすい青汁だから栄養が少ないというわけではありません。一昔前までは青汁は”まづい”というのが当たり前のイメージでしたが、最近では栄養たっぷりなうえに飲みやすい青汁というものがたくさん販売されています。せっかく身体に良い青汁ですから、子供から大人まで多くの方に飲んでいただきたいものです。そのためには飲みやすい青汁であること、そして栄養満点という条件が必要不可欠です。

飲みやすい青汁

一般的にケールを主原料としている青汁は苦くまづいと言われることが多く、大麦若葉を主原料としている青汁はケール主体のものと比較すると臭みもほとんどなくマイルドな口当たりで飲みやすいです。 また最近では飲みやすさをとことん追求した緑茶を主原料に作られた青汁もあります。確かに緑茶を主体にすることによって、多くのお客様から飲みやすいと評判ではありますが果たして栄養面から見てみるといかがなものでしょうか。青汁は健康のために飲むものですからただ飲みやすいだけの青汁ではお茶となんらかわりがありません。どうせなら美味しく飲んで身体にも良いものであれば一石二鳥です。

飲みやすい青汁

それでは青汁の主成分はケールと大麦若葉ではどちらのタイプの青汁を飲めば最も身体にいいの?なんて疑問が生まれてくると思います。結論的にはどちらとも栄養の高さは比較できないので、飲む人個人の飲みやすいものや、栄養を見て選ぶと良いです。なぜならケールと大麦若葉ではそれぞれ摂れる栄養が違うからです。どちらの主原料を選んでも毎日の食生活で不足している栄養を補ってくれることに代わりはないのです。
青汁の主原料について
青汁の主原料として多く使われるケールや大麦若葉、緑茶など、それぞれの成分にはどのような特徴があるのかよくわからないまま青汁を選んでいる人も多いと思います。ここで、今まで飲んできた青汁が本当に自分の体に合っているのか、一度見直してみるのも良いかもしれません。
大麦若葉
大麦若葉がなんとなく体に良いことは誰もがご存知のことと思います。何が体に良いのかと言いますとビタミンやカロチンを多く含んでいるということです。特にビタミンB1は牛乳の30倍、ビタミンCはほうれん草の33倍も含まれているのです。また大麦若葉最大の特徴と言えるのが、他の青汁成分明日葉やケールよりかもはるかに栄養バランスが優れているという点にあります。長期的に見ると健康維持には最も適した青汁原料と言えます。またSOD酵素と呼ばれる成分には老化の原因でもある活性酸素を打ち消す働きをするためアンチエイジングにも効果的です。青汁を飲んでアンチエイジングを期待したい人には大麦若葉を主体とした青汁をオススメします。とにかく飲みやすい青汁をお探しの人にも大麦若葉を主体にした青汁をオススメします。ケールではどうしてもクセが強すぎて飲めなかった人でも大麦若葉を主原料にした青汁ならスッキリと飲みやすいので緑茶感覚で 飲めることでしょう。
ケール
別名:葉キャベツともよばれるケール。ちなみにですが日常的に食べているキャベツやブロッコリー、カリフラワーの原型は野生のケールだったと言われているそうです。そんな同じ種類の野菜でありながらキャベツとケールの決定的な違いがBカロテンの含有量なのです。ケールに含まれるBカロテンははなんとキャベツの約58倍もの量になるのです。ケールの特徴は睡眠の質を良くしてくれるホルモン、メラトニンが含まれていたり、ストレスを和らげてくれる効果があります。忙しい毎日をおくるサラリーマンや時間に追われる主婦の方など、忙しい日々の中で簡単に健康をサポートしてくれるものをお探しの人にはケールを主原料にした青汁をオススメします。しかしケールのデメリットとも言えるのがとにかく青臭いということなので、なかなかケール主体の青汁を飲み続けるということは困難だと言われる人が多いような気がします。野菜独特の青臭さがどうしてもとりきれずに残ってしまうので飲みやすい青汁で探すのは困難かもしれません。最近ではハチミツなどを加えてほんのり甘さでカバーしている青汁もありますが・・・。
緑茶
とことん青汁の味わいを追求して緑茶を主体につくられた青汁の特徴は、誰が飲んでも飲みやすい、美味しいというのが一番の特徴です。さらによく言われる緑茶の渋み成分カテキンが有名ですが、カテキンにどのような効能があるかは皆様ご存知ですか。実は抗酸化作用という老化防止の作用があるそうですよ。また緑茶を1日10杯以上飲み続けると、ガンの発生率が4割以上抑えられたという調査結果もあるそうです。誰もが飲みやすい緑茶に含まれるカテキンにそれほどの栄養効果があったということは驚きです。さらには食後に緑茶を飲むと口臭予防にもなるというのです。虫歯が原因になりやすい口臭ですが、緑茶に含まれるフッ素も虫歯に効果があります。 こうして調べてみると緑茶にも様々な栄養が含まれていることがよくわかります。健康面もそうですが、口臭予防に普段何気なくお茶を飲む人であれば、味付けに緑茶を使用している栄養満点の青汁がオススメです。
飲みやすい青汁 青汁畑に含まれる栄養
飲みやすい青汁 青汁畑にはたくさんの栄養素が豊富に含まれています。様々な栄養素がある中で、名前は聞いたことがあるけど実際のところ、どのような役割を果たしてくれているのかよくわからないという人も多いでしょう。簡単に、飲みやすい青汁に含まれる栄養についてご紹介したいと思います。
ビタミンB6
水に溶けやすい性質をもつビタミンで、主に精神状態の安定や皮膚・粘膜の健康維持に働きます。さらにはホルモンバランスを整えてくれたり、神経機能を正常に保つのに必要不可欠です。女性の味方とも言えます。そんなビタミンB6が体内に不足すると、下痢や虫歯などを引き起こしやすくなる場合があります。ちなみに食材で言えばマグロの赤身やサンマ、そして意外にもバナナにも多く含まれる栄養素です。ちなみにバナナと言えば、アスリート選手が間食や朝食の代わりにと食べている姿を見かけることがありますが実はこれ、正解なのです。バナナは良いエネルギー源になるほか、ビタミンB6補給という点から見てもオススメです。また肝臓に脂肪が蓄積するのをセーブしてくれたり、脂質の代謝をサポートしてくれるのでお酒をよく飲む人は、脂肪肝を防ぐためにビタミンB6の多い食品を摂ることをオススメしています。
葉酸
ほうれん草やブロッコリーなど緑の葉に多く含まれる栄養素であることからこの名前がついた葉酸は、食品から摂取する場合、約4束のほうれん草を食べないと体内に吸収されないそうです。またほうれん草以外にもカボチャや枝豆にも多く含まれているのだが、料理をする段階で葉酸は破壊されてしまうことが一番の欠点でもあります。しかし葉酸を上手に摂取することにより、冷えが改善され、体温が上がるとともに基礎代謝も上がり、痩せやすい体造りをすることも可能になってきます。そんな葉酸が体内に不足すると、口内炎や貧血を起こす可能性があります。
カルシウム
骨や歯を丈夫にする働きがあることで多くの人に知られているカルシウム。まさにその通りでカルシウムの99%は骨と歯に、1%が血液や筋肉などの組織にあります。よく「私は毎日小魚を食べてるから大丈夫」とか「朝食に牛乳を飲んでいる」などと言われる人がいます。果たして本当にそれだけで体内に必要な分量だけカルシウムが摂取できているのでしょうか。カルシウムは誰もがしっかり摂っていると思い込んでいる栄養素なのですが、実は現在の日本人に最も不足している栄養素なのです。人間が生きていくうえで、日々の活動や生命の維持に重要な役割をしている栄養素ですから、しっかり摂取して元気な毎日をおくってほしいものです。 カルシウムが体内に不足すると、よく知られている骨がもろくなることや、他にも抑うつ感やイライラを招くことにもなりかねません。
Bカロテン
ほうれん草や人参など色鮮やかな緑黄色野菜や、スイカや柑橘類などの果物に多く含まれるBカロテンは、体内に侵入したウイルスと闘う働きを持っています。他にも視力を維持したり身体の免疫機能を正常に保ったりと、健康維持には必要不可欠な成分です。野菜などでBカロテンを摂取しようと考えている人には油脂を使った調理法をオススメしています。Bカロテンを効率よく体内に吸収させるためには、ほうれん草の油炒めや、ドレッシングをかけて食べるサラダなど油脂を使った調理法が良いのです。上手に摂り入れて健康な体内環境をつくりましょう。また目の健康維持に役立つと言われているビタミンAとしても効果を発揮してくれるのがBカロテンの特徴でもあります。
マグネシウム
カルシウムやリンとともに骨を作っているミネラル、マグネシウム。カルシウムとマグネシウムは兄弟のようで、とても重要な関係を持っています。そんなマグネシウムはストレスを抱えると失いやすく、さらにはマグネシウムが足りなくなるとカルシウムの値も同時に下がってしまうこともあると言われています。含有量の多い食材は、アーモンドやピーナッツなどのナッツ類、玄米や豆腐、スイートコーンなどです。また日本人は、日本の環境状態のこともありもともとミネラルが少ないというのも現状です。さらに現代社会において多くのストレスを抱え、お酒の飲みすぎや、食生活においてもパンや白米を食べる機会が増えマグネシウム不足の人が多いと感じます。マグネシウムが体内で不足すると、ガンや脳卒中を起こしやすくなります。また筋肉のけいれんや震えが起きる場合もあります。
鉄分
特に女性に不足しがちと言われているのが鉄分です。なんと成人女性の3人に1人が貧血と騒がれています。鉄は肉や魚、野菜などに多く含まれている栄養素で、人間だけでなく動物や植物、細菌までとありとあらゆる生き物に必要な栄養素であると考えられています。 鉄が不足すると頭痛や肩こり、抜け毛などの症状がでると言われています。また氷を好んで食べるようになると言われています。無意識に氷を食べる習慣がある人は鉄分不足かもしれません。鉄分を多く含む食材を摂り入れるようにすることをオススメします。鉄分を多く含有している食品の代表としては豚レバーです。またあさり水煮缶やカツオの刺身などです。また「ご飯が大好き」などという人も鉄不足になりやすい傾向があります。炭水化物に偏った食事をする人に多くみられるそうです。魚や肉などの”おかず”をあまり食べない人は必然的に鉄が不足しやすくなる傾向にあります。
食物繊維
誰もが知っている食物繊維と聞いて真っ先に頭に思い浮かぶのは、便秘解消に役立つ栄養素といことではないでしょうか。一昔前までは摂取しても消化・吸収されない栄養素であるために食物繊維を”栄養素”と呼ぶことに疑問をもたれていました。しかし医師により食物繊維を十分に摂ることにより大腸がんの発生率が低くなることが発見され、注目をされるようになりました。また最近では便秘や大腸がん予防のみならず肥満や糖尿病、心筋梗塞など生活習慣病の予防にも役立つことがわかってきています。そんな食物繊維を上手に摂るコツとしては、様々な食品を組み合わせて食べることです。食物繊維の含有量が多い食材は、穀物、豆、いも、野菜、きのこ、海藻、果物などです。毎日欠かさずに食べることがポイントとも言えます。
のみやすい青汁|青汁畑
1,000円(税込)|初回限定
オンラインストアなら全国送料無料でお届けします
購入する

飲みやすい青汁青汁畑