青汁 効果 コレステロール

健康診断や人間ドックの結果を見て「何か体にいいことを始めなくては…」と思った経験はありませんか?メタボリックシンドロームの疑いや体重の増加など、表面上だけの不健康はわかりやすいのですが、血液検査で初めてわかる中性脂肪値やコレステロール値の増加は放っておくと命を脅かす危険性もはらんできます。
最近では、コレステロール等の不健康マーカーの数値を正常化させる効果を期待して、手軽に行動に移せる青汁を飲み始める方が多くいます。青汁の効果は、コレステロール値を正常にする他にも、各青汁商品によって様々な効果があります。今回はコレステロール値を正常化する効果を中心に、素晴らしい青汁の効果をお伝えします。

コレステロールとは

まず、コレステロールの基礎知識からお伝えします。
「青汁にはコレステロールを下げてくれる効果がある」という話を聞いたことがある方もいらっしゃるかもしれません。知らず知らずのうちに「コレステロール=悪」と思われていることが一般的。卵や脂っぽい食品に含まれているイメージがありますが、実は人間の肝臓などでも日々作られているのです。食べ物の消化吸収に関わっていたり、人体機能の維持にも必須の役割をしていたりと無ければ無いで困ってしまう栄養素なのです。

コレステロールは「善」と「悪」の二種類

それでは、日ごろ悪者にされているコレステロールは何なのかをご説明します。血液検査で結果として出てくるコレステロール値には、大きく分けて2つあります。それは、LDL-コレステロールとHDL-コレステロールです。
LDL-コレステロールは、別名「悪玉コレステロール」といわれているように数値が高いと体に悪影響を及ぼします。適正数値の範囲内なら何も問題ないのですが、増えすぎると血管の壁に蓄積して血管を狭め、動脈硬化などの命に係わる症状につながっていきます。お医者さんや栄養士さんに「コレステロール値を下げなきゃ!」と言われた場合の値は、こちらの方。
また、HDL-コレステロールの別名は「善玉コレステロール」。善玉の方は、血管に蓄積した脂肪をはがし、運搬して体外に出す働きを持っています。こちらの数値は低すぎると異常値となります。HDL-コレステロール値が低いと言われたら、魚やナッツなどの良質の油脂を摂取したり、適度な運動を心掛けるようにすると効果があります。

中性脂肪も厄介者の一つ

コレステロールと並び、同じ脂肪仲間の「中性脂肪」。この中性脂肪は日ごろ悪者として紹介されている通り、検査結果で高値を示している場合は注意が必要です。
中性脂肪は、食品に含まれる油脂が体の中で消化された段階の脂肪です。普段は臓器や体を動かす生命維持の熱量として使われているのですが、増えすぎてしまうと厄介です。
消費する脂質よりも中性脂肪の摂取量が多いと、皮下脂肪として蓄積しメタボリックシンドロームにつながりますし、血管にたまっていくことで動脈硬化を引き起こす要因にもなります。

青汁がコレステロールに効果がある理由

青汁の原料は、野菜。野菜には食物繊維がたっぷり含まれています。この食物繊維がコレステロール値を正常にするために一役買っているのです。
食物繊維と言えば、腸の調子を整えることで有名ですが、体内の不要な栄養素を排出する役割も担っています。
現代人は、脂分が高い食品を口にする機会が多く、野菜の摂取量が遥かに足りないと言われています。厚生労働省で推奨している1日の野菜摂取量は「350g」のところ、働き盛り世代は約100g摂取不足というデータもあるほど。カロリーの摂取が足りていても、栄養バランスが悪いことで体の均衡がとれずに中性脂肪やコレステロールを体内に貯めてしまっている、ということが現実です。
普段の食事の食物繊維摂取量を増やし、脂質・糖質を控えた適正カロリーの食事がコレステロールを正常化する効果を生み出すのですが、野菜嫌いの人や忙しい現代人には日ごろの食事の野菜の量を増やすことが難しいのが現状。
そこで登場するのが、青汁です。青汁なら、水やお茶を飲む代わりとして摂取するだけで、ある程度の野菜を補う効果があるのです。

青汁のコレステロール以外への効果

青汁の主原料は野菜、と言うことでビタミンやミネラルが豊富に含まれています。ビタミンは病気にかかりにくい丈夫な体を作ってくれたり、老化を防ぐ効果があったりとぜひ摂取しておきたい栄養素です。ミネラルは、生命活動の維持にはもちろん必要なうえ、骨やツメや髪の毛などを作る栄養素です。
また、野菜に含まれる食物繊維は、腸の働きを正してくれます。腸がきれいになると、肌の調子も整うことは有名ですね。また、血糖値の上昇を抑える働きもあります。
青汁にはコレステロールを正常化する以外にも、様々な効果が期待できそうです。

自分の健康状態に効果がある青汁を選ぼう!

青汁によって、野菜の他にも健康に効果があると言われている栄養素や成分を添加しているものもあります。DHAやEPA、キトサン、難消化性デキストリンなどが代表的です。
どの栄養素も魅力的に見えますが、普段自分が十分摂取できているようなら過剰に摂りいれる必要はありません。
自分のコレステロール値や健康診断の結果と、それぞれの青汁の効果を照らし合わせて、「今自分に必要な青汁はどれか」を吟味してみることが大切です。
北海道の飲みやすい青汁 北海道の飲みやすい青汁 飲みやすい青汁
おすすめの記事