飲みやすい青汁 ランキング

「日頃の野菜の摂取量が足りない」とか「食物繊維が足りていない気がする」という悩みを解決したいときに、青汁の手を借りたいと思ったことはありませんか?
インターネットで飲みやすい青汁を探してみると「飲みやすい青汁ランキング」と、ランキング形式で飲みやすい青汁について紹介しているものや、青汁を飲もうと検討中の方の悩みごとにおすすめをしているサイトなどがあり、どの青汁を選んだらよいのか分からなくなってしまいがちです。
お金を出して長く付き合っていきたい健康食品だからこそ、青汁選びに失敗はしたくないですよね。今回は、どんな青汁が"飲みやすい青汁"なのか、様々なランキングの中から特徴をピックアップしてみました。さっそく、飲みやすい青汁選びのためのポイントを5位からご紹介します!

飲みやすい青汁選びのポイントランキング5位:味

みなさんが青汁に期待することは何でしょうか?青汁を飲むきっかけとなる出来事は人によって違うとは思いますが、健康や生活習慣への不安を解消するために青汁を始める人がほとんどです。
しかし、2~3日青汁を飲むだけで体の変化を期待してはいけません。これはどの健康食品にも言えることです。継続は力なりという言葉にある通り、運動や食事と合わせ、毎日続けて青汁を飲まなければ健康になることは難しいです。
毎日飲むとなると、極端に苦い商品や臭みがある青汁だと続けることに不安が出てきますよね。まずは、味の面で飲みやすい青汁を探してみることをお勧めします。飲みやすい青汁ランキングをまとめているサイトを見てみると、最近では柑橘系のさわやかさをプラスした青汁や、フルーツやハチミツの甘さを足したジュース感覚の青汁、お茶の風味を付けて食事と一緒に楽しめる青汁など様々な味の青汁が販売されてランキングの上位に入っています。フルーツジュースのような甘い青汁は最初はおいしく飲めるのですが、甘みが強くて飽きてくることもしばしば。また、食事とは合わないので飲む場所や時間も選びます。毎日飲むのであれば、甘みが無いものの方が飽きずに飲めますよ。

飲みやすい青汁選びのポイントランキング4位:青汁の形状

青汁には、粉末タイプ以外にどんなものがあるのかご存知でしょうか?メジャーな液体に溶かす粉末タイプの他に、薬のような錠剤タイプもあれば、小さなゼリー・ジュレ状のものなどがあります。手っ取り早く栄養素を補いたいのであれば、錠剤タイプが飲みやすいかもしれません。そのまま口に入れることができるゼリータイプの青汁は、とりいれるときに水が必要ないので忙しい人には最適です。ゼリーや錠剤の薬を飲むような感覚に抵抗があるのであれば、粉末タイプの商品が飲みやすいですね。
ランキングを覗いてみると、ちらほら錠剤やジュレがランキングに入っていますが、あまり人気はなさそうです。
粉末タイプは一緒に水分補給もでき、牛乳や豆乳・ヨーグルトに混ぜて食べることもできるので他の栄養素も取り入れやすいのが利点ですね。
ご自分の生活習慣に合わせて青汁の形状も選ぶ基準にしましょう。

飲みやすい青汁選びのポイントランキング3位:安心できる栽培方法か

いくら味的に飲みやすい青汁でも、原料の栽培に農薬を大量に使っているのであれば、栄養成分的には体に良くても農薬などで起こる害などが心配になってしまいます。農薬の使用が不安な場合は「農薬不使用」の栽培方法か、他にも「有機JAS」の認証がある原料を主原料にしているものを選ぶと良いです。
いくつかの青汁ランキングを見てみると、栽培方法が書かれていない商品をいくつか目にします。ランキングの評価がよく、どうしてもその商品が飲みやすいかどうかを試してみたい…という場合は、直接会社に問い合わせてみましょう!産地や栽培方法は、快く答えてくれる場合がほとんどです。

飲みやすい青汁選びのポイントランキング2位:値段

青汁を毎日飲むとなると、ご自分の財布との相談次第ですが、価格が高いと飲みづらいのではないでしょうか。青汁紹介のランキングや、リストを見てみると青汁1杯の価格帯は大体が80円代~160円代(送料込み、複数購入の割引なし)です。
健康にいいはずの美味しい青汁でも、値段の面で生活に負担をかけてしまうのであれば飲みやすいとは言えないですよね。青汁人気ランキングでまとめているページを見てみると、値段が高いものが上位になっているものが多いのですが、

  • 値段が安いから効果が薄い
  • 高い方が健康になる!
  • 人気なものを買った方が安心

ということもありません。
飲みやすい青汁の基準として、自分が払い続けられる値段かどうかもしっかり考慮することを忘れないでください。

飲みやすい青汁選びのポイントランキング1位:自分の体に合うか

飲みやすい青汁選びポイントランキングの第1位として大事にしてほしい基準は"自分の体に合うかどうか"です。昔のCMの影響で「マズイ」というイメージがある青汁。これは、「良薬口に苦し」ということわざにあるように、

  • 体にいいものは苦い
  • 苦い=体にいい

という日本人の考えがあって少し誇張したCMを使ったと言われています。しかし、近年では体に良いものも美味しい方が続けやすい、と考える消費者が多くなっていることでどのメーカーも「飲みやすい青汁」の開発にいそしんでいます。どのランキングを見ても、マズイとか苦いと書かれている商品はありません。果汁を配合したり、お茶の風味を付けるなど数々の工夫がなされて飲みやすい青汁が多く出回っている中、やはり一番大切なのは"自分の体に合うかどうか"です。
お試し料金で気軽に購入することができる青汁会社が多いので、まずは心配せずに口に合うか・体に合うかを試してみることをお勧めします。

北海道の飲みやすい青汁 北海道の飲みやすい青汁 飲みやすい青汁
おすすめの記事